【参加者募集!!】8/2.3 国際協力はじめのイッポ講座vol.2「つながる合宿(合宿アゴラ)」

□■---------------------------------------■□
   国際協力はじめのイッポ講座 vol.2
   「つながる合宿(合宿アゴラ)」
  2014年8月2日(土)13:00
         〜8月3日(日)17:00...
□■---------------------------------------■□

「私」にもできる国際協力を「みんな」で一緒に考える2日間!

こんな人にオススメ
・国際協力って、どうやってはじめればいいのかな?
・ボランティアって、なにするのかな・・・
・国際協力について、もっと知りたいな〜

どうしていいのかモヤモヤ、何か動きたくてむずむずしている方、
週末の二日間を利用して、
ココアゴラのメンバーと一緒に
国際協力のはじめのイッポを考えてみよう!

ここから生まれる企画があるのかも??
まずはココから世界とつながるわくわくドキドキの
国際協
力ライフをスタートしよう!


【講座概要】
日時 2014年8月2日(土)13:00〜8月3日(日)17:00
会場 瑞穂運動場 宿泊研究室
   名城線「瑞穂運動場東」駅より徒歩10分
参加費 3,000円(宿泊費含む/別途食事代が掛かります)
定員 30名(先着申込順)

【講座内容】
●ワークショップ「国際協力ボランティアって?」
 参加型のワークショップで、国際協力に関する知識や
 関わり方などを学んでいきます。
●グループワーク
 1つの課題を、みんなで一緒に考える作業を行います。

【申し込み方法】
下記、URLよりお申込みください。
http://goo.gl/HvklJW
※申込講座名の欄へ「合宿アゴラ」を記載ください。

【ファシリテーター】
・ココアゴラ 中西あい
国際理解協力の普及に努めているフリーランスのファシリテーターとして活動。
NPO法人NIED・国際理解教育
センター、
NPO法人これからの学びネットワーク所属。

・後援:名古屋NGOセンター
・助成:モリコロ基金
・主催:Cocoagora(ココアゴラ)
・問合せ:cocoagora@gmail.com

【告知】11/23 ワールドトラベラーズ 2013夏休み「大学生海外体験報告会」&「旅好き大学生交流会」


この大きな「セカイ」を感じたい名古屋の大学生集まれ!
2013年の夏休みにナゴヤから世界へ飛び出していろいろな初経験!?をして来た大学生たちが一人20分のプレゼンをして、その体験談をご紹介します!!

きっかけ、旅の総予算、手配の仕方や、人脈に体験者だから気づいた裏ワザなど、直接聞けるヒントがいっぱいです!

【プレゼンター紹介】
LCCやコンチキツアーを駆使して9週間でヨーロッパ17ヶ国を一人旅してきた女子大生(中京大学3年生)

▲戰肇淵爐亮鹽團魯離い領更垈饉劼2週間のインターンをして来た、世界一周経験女子大生(金城学院大学4年生)

自分で東南アジアスタディーツアーを企画した、国際協力・子供大好き女子大生(名古屋外国語大学3年生)

実際に体験してきたばかりの生のコトバ。
びっくり異文化、絶景や超絶グルメ、一期一会の出会いや生まれも育ちも違うのに感じられるつながり。


体験談プレゼンテーションの後には「旅好き大学生交流会」です。
お菓子を食べながら、旅ばなしで盛り上がって、旅好きなみんなで情報交換したり交流しちゃお!
ここからあなたの春休みや来年の夏休みの予定が決まるかも!?

日時:2013年11月23日(土) 13:45開場(14:00〜16:30)
場所:新明コミュニティセンター1F(名古屋駅徒歩5分)
http://goo.gl/maps/iLpxr
参加費:500円(交流会参加費含む)
参加資格:大学生
定員:25名(先着予約申込順)
主催:ココアゴラ
協力:ESOT 旅人の英会話

●●●●●●●●●●●●
必ずメールで参加申込みをして下さい。
gakuseiagora@gmail.com
1. お名前
2. 携帯電話
3. 学校名/学年
4. 参加理由
●●●●●●●●●●●●

皆さまのご参加お待ちしています!

【告知】12/14 「チョコラ!」上映会

もんろうです。
ケニアで暮らすストリートチルドレンの子ども達をリアルに撮った
ドキュメンタリー映画の上映会を行います。

是非、お越しください!!


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


ケニアのストリートに住む、
儚くも力強く生きる子どもたちを映した映画「チョコラ!」上映会。



【ストーリー】
ケニアの首都ナイロビから車で1時間、
人口10万人の地方都市ティカ。
この街でいちばんの早起きは、
“チョコラ”と呼ばれるストリートで暮らす子どもたち。
彼らは鉄くずやプラスチックの収集や物乞いなどで
生計を立てながら暮らしています。
寒さや空腹、寂しさを紛らわすため、集団で生活し、
時にはシンナーだって吸います。
 
この街のストリートで暮らす子どもたちの
日常生活、厳しい生活環境やその背景、NGOや親との関係。
思春期を迎えた子どもたちの
儚くも力強く生きていく姿を映し出します。
http://www.chokora.jp/
 
 

当日は、2会場(名古屋、岡崎)にて行います。
どちらの会場でもアフリカン雑貨販売も行います!
岡崎会場では映画終了後に懇親会を行います!
ぜひ、ご参加ください♪
 
お申し込みは、下記まで。
 
【詳細】
日時:12月14日(土)
   名古屋会場 開場13:30 終了予定16:30
   岡崎会場  開場17:45 終了予定20:00
場所:名古屋会場 JICA中部 セミナールームB3,4
         名古屋市中村区平池町4−60−7
         [アクセス] 各線名古屋駅下車 徒歩13分
               あおなみ線ささしまライブ駅下車徒歩5分
         岡崎会場 CAFE&TABI BOOKS隠れ家
         岡崎市美合町字生田301番地蔵ビル1階
         [アクセス] 名鉄本線美合駅下車 徒歩1分
     ☆岡崎会場での懇親会(飲み放題付3,000円)
      参加有無はお申込みにて。
 
定員:名古屋会場 35名、岡崎会場 20名
(両会場共、先着順)
参加費:前売1,000円/当日1,500円
 
主催:ココアゴラ
協力:CAFE&TABI BOOKS隠れ家、アフリカ塾
後援:(特活)名古屋NGOセンター、JICA中部
 
申込:下記をご記入の上、メールにてご連絡ください。
   タイトル:【申込】チョコラ上映会
   本 文 :,名前 ∀⇒軅茵´4望会場 ず親会の有無(※岡崎会場のみ)
   ご連絡先:cocoagora@gmail.com
   
 


【報告】学生アゴラ2013

 
今年で第三回目の開催になる学生アゴラ、良い天候に恵められ今年もさらにパワーアップして開催されました!!参加者人数も年々増え、とてもアツイ一日になりました!!
 
オープニングは学生アゴラ三年目のあさな氏の挨拶の言葉でスタート☆


そして司会は大学二年生の、よく名前を「斉藤さん」と間違われるサイトと、竹田みさきことたけちよの二人でやらせていただきました〜
 
 
 

当日のスケジュールといいますと…
 
【第一部】 〜学生団体!学生のみんな集まれ!〜
 
⇒クロスワードを使っていろんな学生団体のお話を聞いてみよう!
 
【第二部】 〜社会人ゲストのお話を聞いてみよう!〜
 
いろんなところで様々な活動をしている社会人ゲストの方々とトークタイム!
 
第一部は、学生アゴラにブース出展してくださった13の学生団体の学生さんたちに、自分たちの団体の魅力を思う存分に話していただきました!自分たちの団体の活動内容を熱く語る学生さんたち、クロスワードの存在を忘れるほどその話を集中して聞く参加者の皆さん、とっても活気であふれてました!
 


 



第二部では、一般の参加者と学生団体のみんなが一緒になって
いよいよゲストの先輩方のトークタイム!!
 
今回は11人の社会人のゲストに参加していただいたのですが…どのブースにも人がいっぱいでいすが足りない!!!実はですね、今年は当日のパンフレットがなくなるほどの参加者が集まりました。いやー、本当にアツイ一日になりましたね。笑

 


 
こういう風に、学生時代の頃から、又は就職してから様々な場所で活動してきた社会人の先輩方、今そのような活動を行っている学生団体の学生さんたち、そしてこれからそのような活動をする、したい、興味がある学生さんたちが同じ場所に集まって、国際協力・国際交流・多文化共生について熱く語る一日、というのを改めて考えると、本当にすごいことなんやなぁと実感しました。
皆さんがこの日に集まなければ、「学生アゴラ」は成り立たないのです。
そう、それは「アゴラ」がギリシャ語で「みんなが集まる広場」を意味しているからなのです。

そして、この「学生アゴラ」をきっかけに、これから皆さんがさらに活動できるような場所をどんどん作って、みんなが共有できる時間を増すためにも今後様々な企画をやっていく予定です。
「私も僕もココアゴラのメンバーになっていろんな企画をして、いろんな人に関わりたい!」もちろんそのような声もお待ちしています。
 
 
 
改めまして、学生アゴラ2013に参加してくださった社会人のゲストの皆さん今回ブースブース出展にご協力してくださった学生団体の学生の皆さん、イベントに興味を持ち参加してくださった参加者の皆さん、そして当日スタッフとして全体的なサポートをしてくださったココアゴラのメンバーや当日ボランティアの学生の皆さん、心からお礼の言葉を申し上げます。
 
本当にありがとうございました。
 
 
またどこかのイベントで皆さんに会えることを楽しみにして、これからも頑張っていきたいと思います。
 
 
学生アゴラ2013スタッフ一同
 

【報告】学生アゴラ2013 ブース出展団体事前説明会

今日は「学生アゴラ2013」にてブース出店する学生団体の皆さんに集まってもらい、事前交流会が行われました〜!

今回皆さんに集まってもらったのには理由がありました。

☆せっかくみんなでイベントに参加するのだから同じ学生団体としてお互いを知り合おう!
〜学生の輪を広げる〜

☆当日をより良いイベントにするためには主催者だけじゃ成り立たない。みんなで改めてどういうイベントにするのか、何を伝えたいのか、情報をシェアする!
〜学生アゴラとは何か〜

交流会はみんなが初対面っていうことでまずはアイスブレイキングから〜♪



これは人間知恵の輪やっとる時の様子。これが大人数となると結構難しいんだよね〜!


その次に今回のメインとも言える学生アゴラのイベント説明会!
「世 界」「地域」「私」をキーワードに世界を熱い目で見ている学生を集めたこのイベントは何を目的に行われるのか、さらに盛り上げるためにどうするべきなの か、皆さんに話を聞いていただきました。これからも皆さんのアイデアをどんどん取り入れたいと思っていますので気軽に声をかけてください〜!☆


今回はえりかさんに説明していただきました。

そ して後半では、各学生団体に自分の団体の活動内容や意義をまとめた展示物を作ってもらいました。これは当日イベントに参加される方々がぱっと見て、この団 体はこういう活動をしているところなんだ、って簡単にわかってもらえるように作ってもらい、前に出て発表し合いました♪



活動内容が同じという団体がいくつかあっても、その方法や工夫が違って、発表聞いてて楽しかったし、とっても勉強になりました!
皆さんの熱い思いが当日参加される方々に伝わることを願うばかりです!\(^o^)/

最後になりましたが、
「学生アゴラ2013」がとっても熱い一日になることは間違いなしです!
熱い思いを持った仲間が何人も集まれば、そこには夢や希望は生まれます。
このイベントをきっかけにどんどん学生の輪を広げて、また新しい何かが始まるような環境につなげれたらいいなって思います。

学生団体の皆さん、お疲れ様でした〜!引き続きよろしくお願いします!



【告知】学生アゴラ2013(国際協力に興味がある大学生みんな集まれ!)


アゴラとは「広場、集合体」(古代ギリシャ語)を意味し、「学生アゴラ」は、世界を想う学生たちが集まる場所という意味を持つ造語です。



昨年の学生アゴラ2012の様子


今年で3回目の開催となる一年に一度のイベントで、東海エリアで、「国際協力」、「国際交流」、「多文化共生」、「地域社会」、「社会性」などのテーマに関心があって真剣に世界のことを考える学生たちが一同に集まって出会い、つながり、共に学びあう唯一の機会です。

第一部は、【学生集合!団体交流会】です!
あなたは名古屋にどれだけの学生団体が世界のために活動しているか知ってますか?
いろんな思いの学生、団体が本山に集合し、その想いを伝え合います。

●ブース参加予定団体
LinkS
Ruff
328
fairing
中部NICE
CSN豊橋
・もっと日本語教室

多文化共生サークル smile
アイセック名古屋市立大学委員会
・TABLE FOR TWO University Association 東海支部
BEANS

第二部は、【社会人ゲストの話をみんなで聞こう!】です。
学生時代の活動を社会に出たらどう続けていけばいいか、悩んだことある人は少なくないと思います。
人生の先輩である社会人の方が自分のこれまでの活動について話してくれます。

●想いを行動にしている先輩ゲストたち
・松田 薫さん(ラヴィーダ法律事務所事務局、多文化共生リソースセンター東海)
・寺園 風さん(なやばし夜イチ実行委員会代表)
・中村由美子さん(ICAN職員)
・中西葉子さん(元青年海外協力隊員・マダガスカル)
・前田大蔵さん(アフリカ工房)
・神谷ビョーク麻由さん(ソーシャル・プロジェクト レーベルmajulius代表)
・村瀬裕介さん(JSTスタディツアーコーディネーター)
・三浦奈苗さん(ハッピーパンチ代表)
・松井陽介さん(Lion代表)

その他にも国際協力や社会的活動をしている社会人の先輩たちに出演依頼中!



この春から何かやってみたい!
名古屋にどんな活動があるのか、どんな学生がいるのか知りたい!
普段関わりがない人と話してみたい!
どうぞ学生アゴラにきてください♪( ´θ`)ノ
一人でも多くの方と会場でお会いできるの楽しみにしております!


●日時:2013年6月23日(日) 12:45開場 13:00開始〜17:00終了
●会場:生協生活文化会館(地下鉄「本山」駅4番出口徒歩約2分)
●対象:国際協力分野に関心がある大学生
●参加費:1000円(フェアトレードのお菓子やお飲み物などご用意しています)
●定員:先着100名(事前申込受付順にて定員になり次第締切致します)
●主催:ココアゴラ
●後援:名古屋NGOセンター

こちらのfacebookイベントの参加ボタンを押された方も
必ず下記の申込フォームから参加申込みをして下さい。
http://form1.fc2.com/form/?id=845271
ご協力よろしくお願い致します。 

【告知】9/29 つながるいのち 〜アフリカン太鼓とおやゆびピアノからみた世界〜

もんろうです。
5月にJICA中部で行いました「ケニアのいま」第二弾を
9月29日に本覚寺で開催します☆

今回は、アフリカの音楽を中心にお寺で開催!
今会場となっている「本覚寺」では、リラックスしながら楽しめたり
踊っちゃうこともでき、本っ当にオススメです♪

また、10月に「ゆうべのつどい」を開催される際に
アフリカ雑貨の販売をさせていただきます。
(詳細は後日アップします)


是非、ご参加ください!!!


 

―――――――――――――――――――――――――――――――

●+●+●+●+●+●+●+●+●+●+●+●+●+●+●+●

 

        つながるいのち

    〜アフリカン太鼓とおやゆびピアノからみた世界〜

 

      9月29日(土)15:30 〜 19:00

          本覚寺(名鉄瀬戸線「森下」駅から徒歩5分)

 

●+●+●+●+●+●+●+●+●+●+●+●+●+●+●+●

―――――――――――――――――――――――――――――――

 

 

            お寺で、アフリカンミュージック!

 

 

鼓動のように力強い、アフリカン太鼓「ジャンベ(ンゴマ)」。

優しく素朴な音色な「おやゆびピアノ(カリンバ)」。

 

アフリカを代表する楽器を3人の奏者がお寺で演奏します。

 

けれど、彼らにはそれぞれの楽器を演奏する深い意味がありました。

力強く、優しい演奏の間でそれぞれの思いを語っていきます。

 

そして、ケニアの首都ナイロビから徒歩15分ほどにある「キベラスラム」。

スラムで暮らす人々が今をどういった思いで生きているのか。

 

 

アフリカの音楽を通じて、様々な命のつながりや自分たちの生き方や未来を、

ぜひ見付けにきてください。

 

 

●○●○●○●○● 開催概要 ●○●○●○●○●

【日 時】 9月29日(土) 開場15:30/開演16:00

終演19:00(予定)

【場 所】 本覚寺

(愛知県名古屋市東区徳川2丁目1616 TEL052-936-3509 ‎

 

【アクセス】 名鉄瀬戸線「森下」駅から徒歩5分/

名鉄瀬戸線・JR中央線・市営地下鉄「大曽根」駅から徒歩15分

 

【入場料】 前売1,000円/当日1,500円(中学生以下無料)

【定 員】 約60名

 

【主 催】 ココアゴラ

【後 援】 名古屋NGOセンター

【問い合わせ】 ココアゴラ ケニア実行委員  担当:加古

        MAIL : cocoagora@gmail.com 

 

【申込方法】

下記の内容を添えて、【問い合わせ】までお申し込みください。

※応募締切 9月27日(木)まで。

===========申し込みフォーム===========

 

[9/29つながるいのち 参加申し込み]

 

名 前:

メールアドレス:

チケット枚数:          枚

この講演会を何で知りましたか?:

 

==============================

 

★☆ ボランティア 大募集中 ☆★

一緒に講演会を作ってくださる方を募集しています!!

主にチラシ配布や、当日の受付、会場設営、アフリカ雑貨販売などをお願いします。

興味をお持ちいただけましたら、問い合わせへ詳しい内容も受け付けています。

お気軽に、ご連絡ください。

 

 

●○●○●○●○● ゲストプロフィール  ●○●○●○●○●

【大西匡哉(おおにしまさや)さん】

1974年生まれ、神奈川県出身。パーカッショニスト。

ジャンベを独学、ストリートミュージシャンとして

日本全国のファンを引き付けてきた。

藤沢出身の人気ロックバンド「らぞく」に

新しい風を吹き込んだパーカッショニストとしても活躍中。

2004年からケニアのミジケンダ・グループに属する

ドゥルマ民族の村で、伝統音楽家マテラ・マサイ、

アフリカの伝統音楽家とそのコミュニティを

サポートするためのプロジェクトJIWEを設立。

知られざる伝統音楽の発掘、CD制作に取り組んでいる。

 


【山北紀彦(やまきたのりひこ)さん】

東京都出身、北海道厚沢部町在住。

北大水産学部に在学中の1992年、昆虫採集を目的に旅した

カメルーン共和国で木をくりぬいて 作った太鼓の魅力に取り憑かれ、

帰国後北海道 のカバノキとエゾシカの皮で太鼓を自作し演奏活動を開始。

同大大学院在学中の1997年、モスバーガー地球遊学生として

ケニアにて太鼓のリズムを学ぶ。

以来プロ活動に入り、2000年はケニア人音楽家と、

2001年はセネガル人音楽家と[SAFAIKO]を結成。

2002年にはジンバブエ人音楽家とともに、

北海道アフリカネットワーク主催の全道ツアーを行う。

2001年にはケニアの先駆的ダンサー・オンディエゲ氏率いる

ダンスグループのリードドラマーを務め、

独自のリズムでアフリカのダンサーと二度にわたりステージを

作り上げ喝采を浴びる。

遠藤ミチロウ、モンゴル音楽の嵯峨治彦、

タンザニアの親指ピアノ「イリンバ」奏者のサカキ・マンゴー、

シンガーソングライター・SHIBA(シバ)、

アイヌの弦楽器トンコリ奏者で音楽プロデューサーのOKI等共演も多い。

自身の純日本人パーカッションユニット[N`DANA](ンダナ)を、

MASATO、三田健司らと結成し北海道を拠点に全国で演奏活動を展開。

最近は木琴を自作し、好評を得ている。

 


【近藤ヒロミ(こんどうひろみ)さん】

音楽家。沖縄在住。

1959年、東京生まれ。東京芸術大学鍛金専攻科修了。

1982年、スワヒリ語留学のためケニアへ。

カリンバやアフリカ音楽と出会う。

ケニア、ウガンダ、タンザニア、ジンバブエなど

約20カ国で6年間に渡って音楽の修業を積み、

帰国後は東京で演奏活動を開始。

1991年、CD「しおのみち」発表。

91年末、沖縄に移住。カリンバ工房「タピワ」設立。

本格的にソロ活動を開始する。

1993年、民族楽団「ディンカ・ドゥンク」結成。

1997年、女性3名のユニット「アマナ」のメンバーとななる。

現在は2つのバンドのほか、ジャズ、沖縄民謡とのセッション、

ソロ活動などを精力的に行い、

日本全国でムビラ、カリンバ、タイコ、笛を駆使した

楽しいライブを繰り広げている。

参加CD 「ディンカドゥンク」、「しおのみち」、「アマナ」、「OASIS

ソロCCD「TAPIWA〜おくりもの」

 


【早川千晶(はやかわちあき)さん】

ケニア・ナイロビ在住のフリーライター。

「ウペポ〜アフリカの風ネットワーク」発起人。

1987年世界放浪の旅に出発し、アジア、ヨーロッパ、

アフリカ各国を旅した後、1990年にケニア・ナイロビに定住。

ケニアで旅行会社に9年間勤務し、旅の企画や撮影コーディネーター後、

1999年にフリーランスになる。

現在は執筆活動のかたわら、ナイロビ最大級のスラム・キベラでの

ストリートチルドレンのための駆け込み寺「マゴソスクール」の学校運営、

スラム住民の生活向上プロジェクト、平和運動、大自然体験ツアー、

アフリカの面白さを日本に伝えるイベントの企画、

マサイのコミュニティが行うエコツアーのサポート、

フェアトレード促進活動などを行っている。

2005年からは、ミリティーニ村にジュンバ・ラ・ワトト(子どもの家)を

設立運営を開始(児童数30人)。

1999年から日本全国各地でアフリカトーク&ライブのツアーを毎年行っている。

ミュージシャン・大西匡哉と共に設立した「JIWE

「マイシャ・ヤ・ラハ基金」などをベースに活動中。

2004JIWE設立。

音楽を通じてアフリカのコミュニティに利益をもたらすCD制作を行い、

「キベラスラムの子どもたちの歌声Vol.1,Vol.2

「センゲーニャ〜東アフリカの伝統音楽」

「マサイ」をリリース。

2009年から大西匡哉・永松真紀と共に

ドキュメンタリー「マサイのいま〜伝統と変化のはざまで」の制作を開始。

20094月、マゴソスクールの子どもたちと共に「マゴソTV!」の制作を開始。

 

著書 「アフリカ日和」(旅行人)

「輝きがある。〜世界の笑顔に出会う旅」(文化出版社)

エコロジー月刊誌 「ソトコト」

季刊 「旅行人」、朝日新聞などに連載中


【報告】7/1 学生アゴラ2012

こんにちは〜
えりちんです(*^^*)
学生アゴラの報告をします☆

今日はなんとゲストやココアゴラのスタッフ合わせて約80人の人が参加しました。
参加者の人もゲストの方もほんとにありがとうございます(^^)/









あたしはあさなちゃんと一緒に司会をしていました〜
今回はリーダーとか司会とか、ほんとに初の経験で、すっごく緊張しました。
けど、あさなちゃんが隣にいてくれてお互いに補い合いをしながら大変だったけど、のびのびとやれたかなって思います☆
あさなちゃんとだったからかなヽ(^0^)ノ



いつも、司会の進行を聞いてる立場だったのですごく貴重な体験でした。


そしてそして、前日、当日共にアゴラー(ココアゴラのボランティアスタッフ)のみんなにはお世話になりました!!
前日はさとみさんと田口さんが来てくれました。
ワールドカフェのこと一緒に考えてくれたりしてくれて、最後に一緒にあがいてくれました。



メールでのあいさんの指摘もすごい!!

ほんとに感謝でした。


当日も、アゴラーのほぼみんな集まってくれて、サポートからコーヒーから最後の看板作りから写真から受け付けまで、手伝ってもらって
ここぞ!というときにすっごく頼りになる人たちばっかだなって感じました!
みんなのサポートと後押し力はすごいって思いましたヽ(^0^)ノ








これからもこんないいメンバーで活動して行けたらいいなと思いました(*^^*)


最後に♪
あたしは実は超〜ゲストの話が聞きたかったです!
来年はあたしは一般参加者として学生アゴラに参加したい!!!
なって思いました☆








PS フェイスブックのココアゴラのページでもっとたくさんの写真も見れるので良かったら当日の雰囲気を感じてください。今回来られなかった方は来年ぜひ来てくださいね。参加したすべてのみなさん、ご協力頂きたみなさん、ありがとうございました!
http://www.facebook.com/media/set/?set=a.293043697461677.60831.258727687559945&type=1




【告知】12/29 ワールドトラベラーズ

 こんにちは!
うーなです。

来る12月29日、ココアゴラは年末にも関わらずイベントをやっちゃいます!

ワールドトラベラーズ第3弾〜出血大サービス編(仮)〜

過去に2度、開催したこの「ワールドトラベラーズ」は、
世界中を旅した人、ピンポイントで掘り下げて来た人、村の開発事業に携わった人、など
ゲストスピーカーになってもらって、
その人の目線でしか語れない“タビノハナシ”をうかがいました!!

そして、ことし最後の活動日には、「東アフリカン」をキーに、
3人の面々に語っていただきます!!!

初めましての方も、お久しぶりの方も、いつもありがとな方も、
ちょっと聞いてみたいな〜。と感じたら、とりあえず
cocoagora☆gmail☆comにメールしてみてください!!
(会場の都合上、参加人数によっては入室できないこともありますので、まずはご連絡くださいm(_)m)
途中参加もOKです。

以下に、企画リーダー・ひできちからの案内を抜粋・転載しますので、ごらんください☆

ワールドトラベラーズ第3弾!!
〜出血大サービス東アフリカ編(仮)〜

12月29日(木)13時〜16時
@ランダムネス(名古屋駅・国際センター駅より徒歩5分)

ひできち@タンザニア
やまちゃん@ウガンダ
もんろう@ケニア

の三本立てで、それぞれ各45分ずつでの構成となってます。(東アフリカ大集合!!)


ワタクシ、ひできちこと岩田英樹は現在進行中のプロジェクト、「IMUMA PROJECT JAPAN」(略称I.P.J.)をココアゴラのメンバーに広く知ってもらいたい、という内容をお送りし、

また、I.P.J.で一緒に活動するやまちゃんこと、山地健弘くんは、今年の夏にウガンダを訪れた時に抱いた想いや現地のこと、そして始めた活動について。

そしてもんろうは、最近ココアゴラへ参加した人達に向け改めて、マゴソスクールや現地に行ったときのこと、自分が始めた活動の紹介をしていただく予定です。

普段あまり聞く機会のない、アゴラメンバー各々の活動や想いをこの機会に一緒に共有しましょう!!

でわでわ(ひできち)


【報告】8/27 ユナイテッド・ピープル・オーケストラ


UPOっ!!! (^-^*)/ (読み方:うぽ 挨拶の表現 in UPO)

 

ココアゴラの門を叩いて早3ヶ月が経とうとしています、
最近ちょこっとずつ皆さんの顔と名前が一致してきました、
ど〜もセブンでございます。



今回で第2回目となるUPO (ユナイテッド・ピープル・オーケストラ)。

多文化共生音楽ワークショップというテーマで、なんでもありの音楽ワークショップ、ジャムセッションで、国境、ルーツ、バックグラウンドを超えた一つの世界を作ってみようという試みから生まれた企画です。

 

ココアゴラからは、いっちゃん、ひできち、あいあい、セブンの4人の参加と興味を持っていらしてくれた方々合計で10名集まりました!

 



楽器はサックス、ジャンベ、ギター、ピアニカ、ハーモニカ、ピアノ、マラカスなど様々なものが集まりました、それに加えて今回新たに斬新な身体全体で表現をする「ダンス」や、ことばをリズミカルに音楽に乗せる「ラップ」での参加もありました!



 

今回コンテンポラリーダンスカンパニーafterimage (アフターイマージュ)より、ダンサーの堀江さんに参加頂きました。堀江さんのナビゲートで、そこにいる皆さんが「音楽とダンスとを結びつき」を肌で感じたのではないでしょうか。





決まったかたちなんて無い、正解なんて概念の無い、その日初めて集まった人間同士で1つの音楽を創っていきました。即興の音楽の気持ちよさを感じられた、そんな空間でしたね。(しみじみ…)





さて!!! えらく真剣に書いてしまいましたが、結局は理屈抜きで楽しいです(笑)僕は自分の楽器が壊れてしまっていたので、丸腰でお邪魔しましたが、あいさんに借りたマラカスをぶんぶん振りまわして一番楽しんでいた気がします。

 

第1回目のUPOに比べ、今回の第2回UPOは人数も増え大きな変化がありました!!!!

第3回UPOも計画中です!! 音楽に興味がある皆さんのご参加を心よりお待ちしております。一緒に音の世界を楽しみましょう〜☆

それでは。。。UPO〜〜ッ(^ー^)ノ~~

<< | 2/3PAGES | >>

profile

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

twitter

amazon

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 【コラム】ぽれポレ『「おじいさんと草原の小学校」を観たあーやん、さてどうする』
    ETCマンツーマン英会話 (08/05)
  • 日本語講師募集!
    樋口夏希 (01/26)
  • 【団体紹介】『Ruff』学生アゴラ2013
    あゆ (12/15)
  • 【コラム】ぽれポレ『「おじいさんと草原の小学校」を観たあーやん、さてどうする』
    あーやん (04/04)
  • 【コラム】ぽれポレ『「おじいさんと草原の小学校」を観たあーやん、さてどうする』
    あい (04/01)
  • 【コラム】ぽれポレ『「おじいさんと草原の小学校」を観たあーやん、さてどうする』
    ちほさん♪ (03/22)
  • 【コラム】ぽれポレ『「おじいさんと草原の小学校」を観たあーやん、さてどうする』
    chiho (03/21)
  • 【コラム】連載『ぽれポレ旅行記』「33.アマニ・ヤ・アフリカ〜ティカの洋裁学校〜」
    もんろう (02/15)
  • 【コラム】連載『ぽれポレ旅行記』「33.アマニ・ヤ・アフリカ〜ティカの洋裁学校〜」
    あーやん (02/15)
  • 【コラム】連載『ぽれポレ旅行記』「33.アマニ・ヤ・アフリカ〜ティカの洋裁学校〜」
    けんてぃー (02/15)

links

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM