【インタビュー】こどもNGO六鹿 直樹さん

こんにちは!スタッフのリサです。
学生アゴラの開催日もだんだん近づいてきて、どきどきしますね!笑
6/21日、みなさまぜひお越しください( ´ ▽ ` )ノ

さて、学生アゴラに社会人ゲストとして参加してくださいます、六鹿 直樹(むしか なおき)さんにインタビューしてきました!その中から一部を掲載させて頂きます。






ー大学生の時はどんな学生でしたか?ー
普通の学生でした。以上!(笑)

ーNGOやNPOに関わるには色々な方法があると思うのですが、なぜ「Nたま」を受講したのですか?ー

「レスキューストックヤード」でボランティアをしていた時に、そこの職員の中に「Nたま」出身の方がいて興味を持ちました。
「Nたま」修了後は、「名古屋NGOセンター」でインターンをしました。なぜ「名古屋NGOセンター」でインターンをしたのかというと、「Nたま」の講座中に寝ていることが多くて、、、
「Nたま」の修了間近に講座の重要性に気づきもう一度学びたくなったからです。
それと、自分が「Nたま」を受講をしてNGOで働きたいと思ったみたいに他の若者にもNGOに興味を持つきっかけ作りをしたくなりました。


ーNPOの職員になったきっかけはなんですか?ー

「名古屋NGOセンター」で一年間インターンをした後もボランティアとして関わり続けていた時、新しく事業を始めるため職員を探している団体の方が「名古屋NGOセンター」に相談しに来ていてその時たまたま居合わせたので話を聞かせて頂き興味を持ったのでその団体の職員になりました。


ー六鹿さんは、フェアトレードを推進する活動もしていますよね。ー

Nたまの講座で世界の貧困や飢餓の原因は途上国にあるのではなく先進国の生活にあるということを学びました。そして、世界の問題を解決するには誰にでも身近な存在の”食べ物”から世界を変えていきたいと考え、フェアトレードの活動をしています。


ー現在は「こどもNPO」で働いていらっしゃいますが、「こどもNPO」はどのような活動をされているんですか?ー

ここからは当日のお楽しみ!!!!!

――――――――――――――――――――――

会場でのお話、楽しみですね!六鹿さんありがとうございました(*^o^*)



【ゲストインタビュー】(公財)名古屋国際センター松田泰暉さん

こんにちは!ココアゴラスタッフのあさなです。

最近どんどん暑くなってきて、既に夏バテしそうです(*_*)
そんな五月もあと二週間。
来月は、、、、そう!学生アゴラです!!
今年は6/21(日)に開催されます?
みなさんぜひお越しください(*^^*)

今回は学生アゴラに社会人ゲストとして参加してくださる、
松田泰暉さんにインタビューしてきました!
記者はココアゴラ最年少の高校生のひなのちゃんです(*^^*)







皆さんこんにちは!
学生アゴラスタッフの山田陽菜乃です!

今回、私は、学生アゴラに初参加の
松田泰暉さんのインタビューに行ってきました。

初めてのインタビューで私はめちゃくちゃ緊張していて拙いインタビューだったのですが、
松田さんは本当に優しい方で色々な事を話してくださいました。


松田さんは名古屋国際センターで働いています。
名古屋国際センターには
『多文化共生の促進』
『地球市民意識の醸成』
『関係機関?NGO、NPO?市民活動との連携と情報発信機能の充実』
と大きく3つの柱があるのですが、
松田さんはその中でも『地球市民意識の醸成』を目的とした仕事を主に担当されています。

そこでは、グローバルな課題について知ってもらい、考え、行動する人を増やすために
イベント作りやセミナーなどを行っています。



学生時代ドイツ語を勉強されていた松田さんは、
将来は海外で働きたい!と思っていたそうです。

また、人のためになる国際協力の仕事をしたいと考えていて、
その時は国際協力といえば海外に行って現地で活動するイメージがあったそうです。
しかし大学卒業や就職活動などで長い間海外に行くことはできませんでした。

そんな時、(特活)地球の友と歩む会主催の『大学生のための国際協力ガイダンスセミナー』に参加し、
それをきっかけにNGOでインターンしていたときに
国際協力にも色々な方法があることを知ったそうです…。



と、今日はこの辺にして、
この続きは学生アゴラ当日に直接話を聞いていただいけたらなと思います!


松田さん、貴重なお話ありがとうございました!!


【ゲスト紹介】高木梓さん(名古屋外国語大学)ワールドトラベラーズ2014

スオスダイ(こんにちは)! 名古屋外国語大学4年の高木梓です。



去年に引き続き企画しました「東南アジアスタディツアー2014inカンボジア、フィリピン、マレーシア」! 途上国の貧困問題に興味があるものの一歩が踏み出せない、、、。途上国の現状を肌で感じてアクションを起こしたい!という大学生のための自作スタディツアーです。


私は大学1年次にカンボジアで経験した2カ月間インターンで、自分は「彼らになにもできないのではないか」という壁にぶつかりました。そこで見つけたわたしにしかできないこと。それが、「同世代に現地のことを伝えていくこと」でした。ただ現地に足を運ぶだけではなく、現地のリアルを体験できる内容にしました!また最大のポイントは、ツアー出発前から帰国後にもミーティングを重ね、事前調査や振り返りを実施することで学びの多いものに仕上げた点です。




今年のスタディツアーは私の大学生活の集大成といっても過言ではありません!!当日は、共にツアーを作り上げた仲間による発表もあります。

それでは当日みなさんにお会いできるのを楽しみにしています♪
 

●●●●●●●●●●●●
 

12/13(土) ワールドトラベラーズ
「大学生海外体験報告会」&「旅好き大学生交流会」

http://blog.cocoagora.com/?eid=409 (イベント記事)
https://www.facebook.com/events/862644843787009/ (facebookイベントページ)

日時:2014年12月13日(土) 14:00-16:30
場所:新明コミュニティセンター1F(名古屋駅徒歩7分)
http://goo.gl/maps/iLpxr


参加費:500円(交流会参加費含む)
参加資格:旅に出たい大学生
定員:20名(先着予約申込順)
主催:ココアゴラ
協力:ESOT 旅人の英会話

●●●●●●●●●●●●


 

【ゲスト紹介】高澤ほたるさん(日本福祉大学)ワールドトラベラーズ2014

こんにちは!日本福祉大学 国際福祉開発学部 3年の、高澤ほたるです!

ほたる、という名前、気に入っているのですが、ルーマニア語だとどういう意味になるか知っていますか?ずばり…

"oversea"

私にぴったりな名前なんです!笑



私は英語が大好きで、2013年7月〜2014年1月にロンドンへ留学していました。
留学、と言っても、私のスケジュールはかなり特殊で、3ヶ月の語学学校、2ヶ月のインターンシップ、その間の小旅行など、自己手配で組んでいました。
今振り返ると、まさに、行き当たりばったりな自由奔放プランです笑

そのかいあって、半年という短期間ながら、学べたことはめちゃめちゃ濃いと思っています。

得られたことの一つが、フットワークの軽さ。
帰国してからも、8月にバングラデシュへ2週間のインターンシップに行くなど、国内ではとどまりません。



もともと開発に興味があり、バングラデシュでは、マイクロクレジットの草分けとも言うべきグラミン銀行で学ばせていただきました。

どこまで皆さんのためになるお話ができるかわかりませんが、楽しく話せたらなと思います!

私、旅の話してるとわくわくして幸せになるんです♡笑

一緒にハッピーな時間を過ごしましょう♫

 

●●●●●●●●●●●●
 

12/13(土) ワールドトラベラーズ
「大学生海外体験報告会」&「旅好き大学生交流会」

http://blog.cocoagora.com/?eid=409 (イベント記事)
https://www.facebook.com/events/862644843787009/ (facebookイベントページ)

日時:2014年12月13日(土) 14:00-16:30
場所:新明コミュニティセンター1F(名古屋駅徒歩7分)
http://goo.gl/maps/iLpxr


参加費:500円(交流会参加費含む)
参加資格:旅に出たい大学生
定員:20名(先着予約申込順)
主催:ココアゴラ
協力:ESOT 旅人の英会話

●●●●●●●●●●●●


【ゲスト紹介】竹田みさきさん(愛知県立大学)ワールドトラベラーズ2014

はじめまして。愛知県立大学の竹田みさきです。
私は2013年の夏にネパールとインドに行ってきました。



ネパールの首都カトマンドゥから長距離バスでポカラへ行き、孤児院で寝泊まりしながら石垣作り。その後カトマンドゥに戻って町をプラプラしました。ネパールからインド・バラナシへ渡ったのはいいものの、沐浴で有名なガンジス川は氾濫していて…約1カ月の貧乏旅行でしたが、私はそういうのが嫌いじゃないので面白かったですね。
長旅から帰ってきて私は何を考えていたかな?と思って、自分のFacebookをめくってみると当時こんなことを書いていました。
 
一人旅って言うと日本でも旅先でも
「危なくないの?」って聞かれる。
確かに成人男性と比べたら
私の一人旅はちょっとリスキーかもしれん。
楽しくない方が多かったかもしれん。特に今回は。
帰りたいって思う時もある。怖い目にも遭う。
不愉快な思いもたくさんする。
世の理不尽を毎日見聞きする。
けど帰国した途端に次はどこに行こうかなって
またわくわくしだすんだ。

やっぱり私はこの世界が好き。
笑って、怒って、悲しんで、感動して…
歩きまわって疲れて、いっぱい寝て、食べて
出逢って、別れて。
旅って生きることそのものだもの。
守ることはひとつ!自己責任でも生きて帰ること。

ちっちゃくても、女の子でも、童顔でも
1人で世界に飛び出していいんだ!
私もある人にそう教えてもらったみたいに
そんな風に思ってくれる子が増えたらいいなー。



いま読み返すと、恥ずかしいですね。若っ!て感じ(笑)まあ、青臭いことを堂々と言えるのは若者の特権ですから、今のうちにたくさん言っておきましょう!



あの旅で私は人に胸張れるようなことは何もありませんが、あの日々は今の私にとっても、これからの私にとっても大切な瞬間の連続でした。女の子の一人旅って心配されがちだし、私もいまだに家族に理解されていません。漠然とした不安、周囲からの反対や心配の声に悩んでいる人がいれば、ぜひ聞きに来てください。

竹田みさき

●●●●●●●●●●●●
 

12/13(土) ワールドトラベラーズ
「大学生海外体験報告会」&「旅好き大学生交流会」

http://blog.cocoagora.com/?eid=409 (イベント記事)
https://www.facebook.com/events/862644843787009/ (facebookイベントページ)

日時:2014年12月13日(土) 14:00-16:30
場所:新明コミュニティセンター1F(名古屋駅徒歩7分)
http://goo.gl/maps/iLpxr


参加費:500円(交流会参加費含む)
参加資格:旅に出たい大学生
定員:20名(先着予約申込順)
主催:ココアゴラ
協力:ESOT 旅人の英会話

●●●●●●●●●●●●


【ゲストインタビュー】竹内綾さん(ちたビジョンプロジェクト)学生アゴラ2014

皆さんこんばんは!
いよいよ明日は学生アゴラです!
心の準備はいかがでしょうか?!
今夜は最後のお二人の方を紹介させていただきますということで、先ほどに続いて、お二人目の方のインタビューです。

学生アゴラに初参加の竹内綾さん。
インタビューをさせていただいて、とても和んだ雰囲気を味わうことができました。とても素敵な方でお話を聞きながら癒されました。

そんな竹内さんは大学1年の時の9.11同時多発テロをきっかけに、今自分が住んでる世界が全てではないんだと気づき、紛争解決に関心を持ち始めました。

考えるだけのではなく、実際に現地に行こう!と行動に出て中東を訪れます。

もちろん、学生である竹内さんの行動に両親は反対しました。娘を思っての反対でしたが、それでも竹内さんは両親をなんとか納得させ、2003年に旅立ちました。

現実を見ることに意味があると、現地を訪れた竹内さんは思いました。

自分がたまたま恵まれた環境に生まれただけであって、もしかしたらこのような状況に置かれた国で生まれた可能性もあったかもしれない。だからこの人たちを見て見ぬふりはできない。心の中でそう強く思いました。

帰国後、平和をテーマにワークショップを実施をするなど、小学校、中学校、高校での公演をとして自分が見てきたものを竹内さんは伝えてきました。大学卒業後、県内のNPO勤務を経て渡英し、平和学の修士号を取得しました。イギリスでは「平和学」を履修していたと聞き、私も改めて「平和」とは何であるのか考えました。

そして今現在は、外国にルーツを持つ子どもの学習支援を中心に、様々な背景を持つ人たちと多文化共生のまちづくりに取り組んでいるのですが、お話を伺っていて、「平和」「紛争」というキーワードが竹内さんの基盤にあって、それが今の竹内さんを作り上げてきたんだなと思いました。

パレスチナ、イスラエルでのお話はまだまだいろんなエピソードがあります!!がスペースが限られてきたのでこの辺にしたいと思います。

遅くなりましたがこれにて、社会人ゲストの最終回インタビューになりました。

それでは会場で皆さんに会えることを楽しみにしております!!


学生スタッフ
ジェレナ
 

 

【ゲストインタビュー】大島之弘さん(日系社会青年ボランティア・パラグアイ)学生アゴラ2014

皆さんこんばんは!
いよいよ明日は学生アゴラです!
今夜は最後のお二人の方を紹介させていただきます。

まず一人目は、大島之弘さんです。

大島さんは私が刺激を受けた方のうちの一人です。
学生アゴラを通して社会人ゲストとして参加していただけないかをお願いするまでは、残念ながら存じあげなかったのですが、本当にその活発力には圧倒されました!

大島さんは日本福祉大学の国際福祉開発マネジメント学科の学生で、毎日名古屋から二時間かけて通学し、一所懸命に勉強に励みました。

勉強に力を入れながらも座学が苦手なところもあって、「実際にNGOの活動って何だろうと思った大島さんは、タイの山岳民族支援のNGOのボランティアやNGOセンターの活動に関わるようになりました。

その後もさらに深いところまで関わってみたい!と思い、大学を一年休学して、バイトをしていた障害児福祉の世界でパートをしつつ、タイへのワークキャンプではコーディネーターとして行っていました。

そんな中、大島さんは海外での経験を通して、あることに気づきます。
復学前のワークキャンプ中に、現地のカウンターパートナーに「日本人は何でタイに支援に来るのか、日本では何も問題はないのか」と問われた時に、国内のことについて何も話ができず、これをきっかけに大島さんは国内で国際協力・教育に関わることをしたいと思い、日本に戻ってきました。

後に国内の多文化共生の活動に興味をもち、南山大学を中心に活動されている多文化共生サークルに入り、活動をされてきました。


…とこれで終わりかと思った私は、どうやら甘かったです。

ブラジル人学校や放課後支援教室のスタッフとしても活動していたことも!

もちろん、大学を卒業してからも様々な活動をされてきた大島さん。

本当にパワフルな方で、行動を起こすという面で私はとても刺激を受けました。

このお話の続きをぜひ皆さんに会場で大学卒業後の活動について、また今現在の大島さんの活動について話を聞いていただけたらなと思います!


学生スタッフ
ジェレナ

6/22(日) 学生アゴラ2014 facebookイベントページ(受付定員:100名)
https://www.facebook.com/events/1496452387244305/​

 

【ゲストインタビュー】三浦奈苗さん(HAPPY PUNCH/ハッピーパンチ 代表)

*学生アゴラ2014まであと2日!*

皆さんこんにちは〜!
昨年も社会人ゲストスピーカーとして学生アゴラに参加してくださった三浦奈苗さんに今回も参加していただくことに!ということでインタビューをさせていただきました。



三浦奈苗さん (ピース☆) 


三浦さんはとてもパワフルな方でとにかく次々と面白いネタ(刺激になるものばかり!)を出してくれます。フェイスブックの更新見てるだけでも楽しくなります。笑


そんな三浦さんにいくつか質問をさせていただきました〜!

…………………………

ーどのような学生時代を送りましたか?また、何かの活動をされていましたか?ー

三浦さん:ボランティア活動とは無縁の大学生でした。バイトして、飲みにいって、バイトして、スノーボードいって、バイト して・・・みたいな。笑

ーえ!それは以外でした…笑ー

三浦さん:なので、学生アゴラに集う皆さんの意識の高さは素晴らしいなと思いますし、スタッフの皆さんに至っては、もう本当に頭が下がります!

ー大学を卒業してからどのよう道を?ー

三浦さん:新卒で名古屋の繊維商社に4年間勤め、いわゆる丸の内OL(名古屋w)というのをしていました。

ー社会人ライフは順調だったんですねー

三浦さん:でもそのころから「これでいいのかな・・・」と自分自身と向き合いやりたいことや生き方を探りはじめるように。

ーなるほど。いろいろと考え始めた時期だったんですねー

三浦さん:はい。興味のあることに挑戦してみたりいきなりインドに行ったり、積極的に人と出逢うようになったのもこの頃からでした。

ー行動に出すことも大切ですもんね。HAPPYPUNCHを始めたのもこの頃からですか?

三浦さん:はい。今の仕事に転職し、そんな中でHAPPYPUNCHをスタート、ほぼ同時に名古屋NGOセンターで主に国際理解教育分野でのボランティア活動に参加するようになって6年になります。

ーそうだったんですね!ちなみに転職されたとのことですが、今はどのようなお仕事をされているんですか?ー

三浦さん:現在は健康運動実践指導者として、中高齢の女性を中心に健康のための運動指導をするフィットネスインストラクターをしています。

ーフィットネスインストラクター!健康運動実践の指導者!気になります!ぜひ私にも指導を…笑ー

…………………………

インタビューの一部を掲載させていただきましたが、皆さんにいかがでしょうか?

まだまだ書きたいことがありますが、続きはwebで!ならぬ会場で!笑

では、皆さんに当日会えることを楽しみにしています!!


6/22(日) 学生アゴラ2014 facebookイベントページ(受付定員:100名)
https://www.facebook.com/events/1496452387244305/

【社会人ゲストインタビュー】 北村祐人さん(名古屋大学とよた日本語学習支援システム システム・コーディネーター)学生アゴラ2014

*学生アゴラ2014まであと5日!*

皆さんこんにちは!

今回は、学生アゴラに初参加の北村祐人さんにインタビューをしてきました!
斎藤さんことジェレナがいろいろとお話を伺ってきました。

学生アゴラ当日、第一部にて社会人ゲストとして参加していただきます♪
「日本語教育」「日本語支援ボランティア」等に興味ある方はぜひお話を聞いてみてください〜!





北村さんの第一印象はズバリ!話せずにはいられない存在!学生の私にとても分かりやすく、そして楽しくいろんなお話をしてくれました。

そんな北村さんは学生時代を南山大学で送りました。実は、日本語教育に興味を持ち始めたのは大学の授業がきっかけでした。

日本語を教えたいという思いを持ち始めた北村さん、地域の日本語教室でボランティアを!という行動に出ました。

学業とボランティア活動を両立させながら、やがて就活が終わり、大学を卒業し、社会人としての新しい生活が幕を開けました。
しかし、そんな生活を送っているなか、北村さんは会社を辞退することを決心。


会社を辞める、これがどれだけ勇気のいる決断であるか。
学生の私にはまだなんとなくとしか想像できませんでした。

別に特に何か問題があったわけではない。会社が嫌になったわけではない。

でも、
北村さんにはやり残したことがありました。

それを行動に移すために、大学院に二年通いました。
その二年間は北村さんにとって欠かせない期間であったんだなと、話を伺いながら私は強く感じました。
そしていろんな出会いや機会に恵まれ、今現在は名古屋大学とよた日本語学習支援システム システム・コーディネーターとして活躍されています。


…とまだまだ書きたいことはたくさんありますが。笑

今日はこの辺にして、続きはぜひ皆さんに直接話を聞いていただいて、いろいろと吸収していただけたらなと思います。
私もたくさんと吸収してきました!!
では、皆さんに当日会場で会えることを楽しみにしております〜!☆

学生アゴラ運営スタッフ
ジェレナ



6/22(日) 学生アゴラ2014 facebookイベントページ(受付定員:100名)
https://www.facebook.com/events/1496452387244305/

【ゲストインタビュー】長尾晴香さん(Vivaおかざき!!代表)学生アゴラ2014

*学生アゴラ2014まであと6日!*
今日はVivaおかざき!!代表の長尾晴香さんの紹介です。
インタビュー前から知ってはいたのですが、私と同じ名古屋外大の卒業生でしたので、ちょっとワクワクしながらインタビューを行いました。
では、まず簡単に長尾さんの活動について紹介していきます。

長尾さん(左)と学生アゴラスタッフの実和ちゃん

長尾さんは大学を卒業後、一般企業に就職、
2010年9月に、岡崎にてVivaおかざき!!という外国人支援団体を設立、
現在は、企業で働きながら多文化共生ボランティアを行なっている。


ーー学生時代について教えてくださいー―
 
(長尾さん)高校が国際教養系の高校だったので、海外の方とコミュニケーションをすることがよくありました。
 大学も外国語大学ですし、留学にも行っていたので、外国人の方に対する抵抗感はなく、外国人の方とコミュニケーションを取りたいという気持ちは、ずっと強く持っていました。


海外からの人の話を聞いて、自分の国からの視点だけじゃなく様々な視点から、海外や日本のことを見るのって大切なことですよね。私や他の学生さんも、よく考えると思うのですが、働きながらボランティア活動を続けていけるのかなっと、そこで長尾さんに、聞いてみました。

 
ーー社会人との両立は、大変なのでは?ーー
 
(長尾さん)無理をしてやっているのではないので、大変ではありません。
 むしろ、自分がやっていることで、感謝されたら嬉しいし、根本的に人に興味をもっているので、地域の外国人の方と一緒に過ごす時間が楽しいんです。


自分の行なったことで、人に感謝されるのは何事にも代え難いことですよね。
私も人に感謝されるようなことをしたいなっと、楽しそうに活動について話す長尾さんをみて感じました。

社会人を行いながら、自分で団体を設立し、更に新しく日本語教育事業も始めようと活動中の長尾さん。まだまだ、書きたいことは沢山あるのですが、続きはぜひ当日、学生アゴラにて聞いてみてください。

もっと長尾さんについて知りたい方は昨年度の学生アゴラでインタビューしたブログ記事をクリック!
http://blog.cocoagora.com/?eid=295

 

<< | 2/6PAGES | >>

profile

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

twitter

amazon

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 【コラム】ぽれポレ『「おじいさんと草原の小学校」を観たあーやん、さてどうする』
    ETCマンツーマン英会話 (08/05)
  • 日本語講師募集!
    樋口夏希 (01/26)
  • 【団体紹介】『Ruff』学生アゴラ2013
    あゆ (12/15)
  • 【コラム】ぽれポレ『「おじいさんと草原の小学校」を観たあーやん、さてどうする』
    あーやん (04/04)
  • 【コラム】ぽれポレ『「おじいさんと草原の小学校」を観たあーやん、さてどうする』
    あい (04/01)
  • 【コラム】ぽれポレ『「おじいさんと草原の小学校」を観たあーやん、さてどうする』
    ちほさん♪ (03/22)
  • 【コラム】ぽれポレ『「おじいさんと草原の小学校」を観たあーやん、さてどうする』
    chiho (03/21)
  • 【コラム】連載『ぽれポレ旅行記』「33.アマニ・ヤ・アフリカ〜ティカの洋裁学校〜」
    もんろう (02/15)
  • 【コラム】連載『ぽれポレ旅行記』「33.アマニ・ヤ・アフリカ〜ティカの洋裁学校〜」
    あーやん (02/15)
  • 【コラム】連載『ぽれポレ旅行記』「33.アマニ・ヤ・アフリカ〜ティカの洋裁学校〜」
    けんてぃー (02/15)

links

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM