【告知】5/31 つながるいのち 〜アフリカン太鼓とおやゆびピアノからみた世界〜

もんろうです。

少し久し振りとなりますが、
早川千晶さんの講演会を行います!
ぜひ、ご参加ください(^o^)/

―――――――――――――――――――――――――――――――

◆+◆+◆+◆+◆+◆+◆+◆+◆+◆+◆+◆+◆+◆+◆+◆
 
つながるいのち
〜アフリカン太鼓とおやゆびピアノからみた世界〜
 
5月31日(土)13:30 〜 16:00
名古屋インターナショナルホール
(名古屋市中区大須1-7-26‎)
 
◆+◆+◆+◆+◆+◆+◆+◆+◆+◆+◆+◆+◆+◆+◆+◆
―――――――――――――――――――――――――――――――
 
 
さあ、アフリカを感じよう!!
 
鼓動のように力強い、アフリカン太鼓「ジャンベ(ンゴマ)」。
優しく素朴な音色の「おやゆびピアノ(カリンバ)」。
アフリカを代表する楽器を、2人の奏者が奏でます。
 
そして、ケニアの首都ナイロビから徒歩15分ほどにある
東アフリカ最大のスラム街「キベラスラム」。

そのスラムで暮らす人々やたくさんの子ども達が、
今をどういった思いで日々を生きているのか。
 
アフリカの音楽を通じて、
様々な命のつながりや自分たちの生き方、
そして未来へ。
 
 
ぜひ、アフリカを体感しにきてください。
 
◆◇◆◇◆◇◆◇◆ 開催概要 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆
【日 時】 5月31日(土) 開場13:30/開演13:45
終演16:00(予定)
【場 所】 名古屋インターナショナルホール
(名古屋市中区大須1-7-26‎
 
【アクセス】 地下鉄鶴舞線 大須観音駅4番出口徒歩1分
 
【入場料】 前売1,500円/当日2,000円(中学生以下無料)
【定 員】 60名

 
【主 催】 ココアゴラ ぽれポレ
 
【問い合わせ】 ココアゴラ(担当:加古)
        MAIL : cocoagora@gmail.com 
 
【申込方法】
下記の内容を添えて、【問い合わせ】までお申し込みください。
※応募締切 5月29日(木)まで。
===========申し込みフォーム===========
 
[5/31つながるいのち 参加申し込み]
 
名 前:
メールアドレス:
チケット枚数:          枚
この講演会を何で知りましたか?:
 
==============================
 
★☆ ボランティア 大募集中 ☆★
一緒に講演会を作ってくださる方を募集しています!!
主にチラシ配布や、当日の受付、会場設営、アフリカ雑貨販売などをお願いします。
興味をお持ちいただけましたら、問い合わせへ詳しい内容も受け付けています。
お気軽に、ご連絡ください。
 
 
◆◇◆◇◆◇◆◇◆ ゲストプロフィール  ◆◇◆◇◆◇◆◇◆
【大西匡哉(おおにしまさや)さん】
1974年生まれ、神奈川県出身。パーカッショニスト。
ジャンベを独学、ストリートミュージシャンとして
日本全国のファンを引き付けてきた。
藤沢出身の人気ロックバンド「らぞく」に
新しい風を吹き込んだパーカッショニストとしても活躍中。
2004年からケニアのミジケンダ・グループに属する
ドゥルマ民族の村で、伝統音楽家マテラ・マサイ、
アフリカの伝統音楽家とそのコミュニティを
サポートするためのプロジェクトJIWEを設立。
知られざる伝統音楽の発掘、CD制作に取り組んでいる。
 
 
【近藤ヒロミ(こんどうひろみ)さん】
音楽家。沖縄在住。
1959年、東京生まれ。東京芸術大学鍛金専攻科修了。
1982年、スワヒリ語留学のためケニアへ。
カリンバやアフリカ音楽と出会う。
ケニア、ウガンダ、タンザニア、ジンバブエなど
約20カ国で6年間に渡って音楽の修業を積み、
帰国後は東京で演奏活動を開始。
1991年、CD「しおのみち」発表。
91年末、沖縄に移住。カリンバ工房「タピワ」設立。
本格的にソロ活動を開始する。
1993年、民族楽団「ディンカ・ドゥンク」結成。
1997年、女性3名のユニット「アマナ」のメンバーとななる。
現在は2つのバンドのほか、ジャズ、沖縄民謡とのセッション、
ソロ活動などを精力的に行い、
日本全国でムビラ、カリンバ、タイコ、笛を駆使した
楽しいライブを繰り広げている。
参加CD 「ディンカドゥンク」、「しおのみち」、「アマナ」、「OASIS」
ソロCCD「TAPIWA〜おくりもの」

 
【早川千晶(はやかわちあき)さん】
ケニア・ナイロビ在住のフリーライター。
「ウペポ〜アフリカの風ネットワーク」発起人。
1987年世界放浪の旅に出発し、アジア、ヨーロッパ、
アフリカ各国を旅した後、1990年にケニア・ナイロビに定住。
ケニアで旅行会社に9年間勤務し、旅の企画や撮影コーディネーター後、
1999
年にフリーランスになる。
現在は執筆活動のかたわら、ナイロビ最大級のスラム・キベラでの
ストリートチルドレンのための駆け込み寺「マゴソスクール」の学校運営、
スラム住民の生活向上プロジェクト、平和運動、大自然体験ツアー、
アフリカの面白さを日本に伝えるイベントの企画、
マサイのコミュニティが行うエコツアーのサポート、
フェアトレード促進活動などを行っている。
2005年からは、ミリティーニ村にジュンバ・ラ・ワトト(子どもの家)を
設立運営を開始(児童数30人)。
1999年から日本全国各地でアフリカトーク&ライブのツアーを毎年行っている。
ミュージシャン・大西匡哉と共に設立した「JIWE」
「マイシャ・ヤ・ラハ基金」などをベースに活動中。
2004年JIWE設立。
音楽を通じてアフリカのコミュニティに利益をもたらすCD制作を行い、
「キベラスラムの子どもたちの歌声Vol.1,Vol.2」

「センゲーニャ〜東アフリカの伝統音楽」
「マサイ」をリリース。
2009年から大西匡哉・永松真紀と共に
ドキュメンタリー「マサイのいま〜伝統と変化のはざまで」の制作を開始。
2009年4月、マゴソスクールの子どもたちと共に「マゴソTV!」の制作を開始。
 
著書 「アフリカ日和」(旅行人)
「輝きがある。〜世界の笑顔に出会う旅」(文化出版社)
エコロジー月刊誌 「ソトコト」
季刊 「旅行人」、朝日新聞などに連載中
 

【コラム】連載『ぽれポレ旅行記』「48.Fort Jesus Museum」

ちゃお〜〜
あーやんです。

モンバサに、フォート・ジーザス博物館ってのがあります。
青丸のとこです。
mombasa fort

『地球の歩き方』によると、
1593年にポルトガル人によって建設された砦なんだけど、
ケニアがイギリス保護領になったから、そのあいだは植民地政府の刑務所として使われて、
で、博物館として一般公開されたのが独立後の1960年ね。

開館時間は8時から18時で、夜はライトアップしてる。
入館料は一人800Ksh。
めっちゃくちゃ暑かったから、博物館でたあとコーラ(50Ksh)飲んだったよ。

1時間もみてたかなあ?
モンバサ着いて2日目の午前中に行ったね。
とにかく疲れたし暑いしで、2日目はもんのすごく眠たくて、
がっつりお昼寝したなあ。
ねえ加古さん(笑)。

あーやんが書き手な関係でだいたい写真の被写体になってるのが加古さんですみません。
寝てる画像とかブログに載せられたくないよね!
でも加古さんからOKでたんで!!

泊まったホテルがエアコン完備だったんで、
がっつり使用してやりましたよ。
めっっっっっっちゃくちゃ涼しかったああ、
夜もがっつり使用して快適ななか眠ってやりましたよ。

で、フォート・ジーザスの話に戻ると、
port jesis
こんなかんじで、絵が売られていたりとか、

bomb
もともと砦、なだけに大砲が設置されていたりとかね。


インド洋を眺めて!!!!
意外とふつうってゆう・・・w


こんなかんじの壁画とか、


え、まじ!?!?!?
って最初興奮した人骨のレプリカ(レプリカってわかった瞬間萎え〜〜)もあったりとかして、


モンバサに行ったら一回は行っとこうか、みたいなところでした!(^^)

とにかく暑い!
モンバサ!!!!!!

おやすみ〜
あーやん☆


 

【コラム】連載『ぽれポレ旅行記』「47.サファリカーに乗って」

はろーう
あーやんですっ

知る人ぞ知る、あの、「サファリカー」、、、!!!

ハイエース的な、バンですなっ!


まさにこれ!
いかにもこっからのぞいてください!みたいな隠し窓が天井にとりつけられています!!!!
手動です!!!!

隠し窓からのぞくとそこは異世界ぃぃぃぃぃ、、、


風に吹かれてデコボコ大地に揺らされて、
とっても気持ちがいいのでありました:)
このために今日まで生きてきたんだな!なんて思いました。

隠れ窓から世界を眺め、たそがれる加古さん。。。。


そして言う間でもなく夕日がとっても綺麗なのでありました。



ちなみに違うタイプのサファリカーもあります。


で、サファリカーでマサイマラ国立公園に向かうときは、
こんなかんじでした:)


サファリカーには運転手が一人乗っていて、
2泊3日ずっと一緒でした。
動物に会えるか会えないか、
いいシーンに出会えるか出会えないかは運転手次第らしいのでご利用の際は運転手と仲良くなっておきましょう!!

そいじゃ、あーばよっ!!!!!!!!

あーやん♡
 

【報告】10/17 早川千晶さん講演 〜ケニアの現状と支援〜

ちゃお〜う
あーやんです

千晶さんの講演会にて、アフリカ雑貨の販売をやってきました!

ばーん!

今回は、上前津駅降りてすぐの、ローズコートホテル宴会室にて。
もんろうとあーやん、ガラガラひいてローズコートホテルに入る→場違いっぷりにびびる。


千晶さんが語るキベラスラム、懐かしのマゴソリリアンの話を久しぶりにみっちり1時間聞けて、
笑顔たっぷりの千晶さんと一緒にほっこり過ごせました。


講演後の雑貨販売も、大盛況!!!
獣医さんがビーズライオンセットをお買い上げしてくれたり(病院に飾ってくれるんだって)、
カンガ布のペンケースをオソロイで買っていったお兄様方がいたり、
ゼブラ柄のコースターも、
ビーズ&皮キーホルダーも、たっくさんお嫁にもらっていかれたのでした!!!

千晶さん、だーいすき:)
おかあさんみたい笑♡


次回の千晶さんの講演会は、10月28日ウィンクあいちにて
あーやんはいけないけど、雑貨の販売もあるよ:)

ちゃお〜
(もんろう&あーやんのケニア旅行記コラムあります、目録はこちら!♡)
 

【コラム】連載『ぽれポレ旅行記』「46.mombasa」

こんにちは〜
今日はゆったり、まったり、な、あーやんです

今日は、ケニアの第2の都市、モンバサをご紹介!!♡
って、昔の記事「地理情報」にちょびっと書いていたけれど・・まいっか!

ケニアの首都ナイロビは内陸で、標高1700mのとこにあって涼しいのだけど、
モンバサは沿岸部に位置します。
nairobimombasa

海もあって・・・(標高が低い)、
赤道に近いから・・・、
暑い!

じりじりと照りつける太陽。
た、たいようさん、もうやめてくだはい・・・ぐ・・・ぐああああ・・・。

島国なんですな、モンバサは。
mombasa fort
青丸なんは、フォートジーザス。
まあ、また今度な。

モンバサには、4泊したのかな、確か。

トゥクトゥクも走っていて、楽しかったー:)

ちなみに「あいのり学校」があるミリティーニ村へはモンバサから車で1時間ほどです。
ちゃお♡

おわり


【コラム】連載『ぽれポレ旅行記』「45.ライオンの親子」

こんにちは〜♡
「無理をしない」がモットーの、あーやんです:)

テスト勉強も受験勉強も手につかない日々を送っております:)

なぜ、こんなにひっぱったのか。
なぜ、最初にライオンからいかなかったのか。
謎ですが、
本日はマサイマラ国立公園で出会ったライオンの親子のことをご紹介します♡

まず出くわしたのが、休憩中のメスライオン。単独でした。


マサイマラに着いて数時間で会うことができました:)
顔面がテンテンテンテン・・・・・・・・・黒い点だらけ!
そう、蠅です。

こんなに近くから撮ったの?
んなわけなくて、ちょこっと望遠のレンズだっただけです。
それから、マサイマラに行ってわかったんだけど、
草食の子たちは肉食に食われるから、人間が近寄ってくと、すぐ逃げる。
でも、肉食ちゃんたちは人間が怖くないから、逃げない。
だからね、肉食獣のが、写真撮るのには向いていたわけです。

それから、
その数時間後。
捕食シーンゲット!!!!!!!

メスと、子どもの群れでした:)
2匹の子ライオンちゃんたちは、シマウマの身体で遊ぶ遊ぶ。
動物のちいちゃいのというのは、どこにいてもかわいいものですなあ。万国共通!
お母さんたちは、せっせと召し上がっていました。

シマウマの内臓を初めて見ました。
うげ〜〜〜と思わず、ただただ、すげー!!!!!!!!!!!!!!!
と思ってました。
もっとぐろい写真があるんだけど、載ーせない♡

今日も、いい一日でした:)
すっかり寒くなっちゃったので、風邪をひかないように・・・♡
おーやーすーみ♡

ぐうぐう
あーやん


【コラム】連載『ぽれポレ旅行記』「44.必須の予防接種10830円!」

はろう!
あーやんです。

週1更新を頑張るのであります。

さて、マラリアの予防薬、メフロキンを覚えてらっしゃるでしょうか。。。?
 
マラリアと、もうひとつ、ケニアへ入国する際気をつけなければならない「黄熱病」という感染症についてご紹介します:)
 
「黄熱病」は、蚊を媒介にして発病して、悪寒、高熱、嘔吐といった症状がでて、死亡するケースが多い、そんな病です。
なので、東アフリカへ入国するときは必ず黄熱病の予防接種が必要です。 
 
マラリアは予防するもしないも、薬を服用するのは勝手なのですが、
「黄熱病」の方は、
予防接種をして、「イエローカード」(パスポートに貼りつける)というのをもらわないと、入国できません。

わたしも、うちにいきました。港区の名古屋検疫所。

注射は苦手なのでその日は朝から緊張していたのを覚えています。
もんろうに「注射やだー!!!!!!」とLINEでつぶやきまくったけど、
「ケニアが待ってるんだから我慢しなさい」と、
全然慰めになってない言葉をかけられたことも覚えています。
 
名古屋検疫所での予防接種は木曜日のみなので、必要な方は気をつけてくださいね。電話での予約制で、定員もあります。
 
「黄熱病」は入国10日前までに済んでないといけなくて、
他にA型肝炎などの予防接種もする場合は、なんかいろいろあるみたいなので、調べて計画的に予防接種に行ってくださいね。
あーやんは「黄熱病」だけにしたので面倒はありませんでした。
 
支払は収入印紙です。
郵便局へ行って予め用意してから予防接種の会場まで行ってくださいね。
名古屋検疫所徒歩圏内には郵便局はないとのことなので、要注意です。
 
気になる「黄熱病」予防接種のお値段。
10830円!
トゥー、エクスペンシブ!!
 
ただ、1度うつと、10年間有効です。
 
名古屋検疫所でなくても、セントレアでも予防接種できるので便利であればセントレアへ行かれたらいいと思います(^^)
 
電話予約の際、
めっちゃ丁寧で、
そして何度も何度も念を押され、いろいろ確認されます。
渡航日程のこと、パスポートのこと、持病があるかないかとか、
収入印紙のこととか。
もう、いろいろ、15分以上はかかった気がします。
当日見落としがあったりしたら、oh no!ってなりますもんね。
徹底しとるなあと思いました。

注射は確かわたし、その日、一番に打ってもらったかも。
だから待ち時間とかあまりなかったのでそんなに緊張しないでパパパッと終わったかんじでした。

わたし注射の前はいつも医者にこう聞くんです。
「痛いですか?」(ガクガクブルブル)
医者はだいたいやさしいので、いい歳した女子がそんなこと聞いても怒ったりしません。
そしてわたしは注射針を絶対に、見ない!
痛いに決まってる!
痛かったです。

さて、そんなわけでイエローカードをgetして、
ケニアへ行ってきました。
まだわたしのパスポートにはイエローカードが貼っつけてあります。
10年間有効。
頑張った甲斐あったぜい!
次は2月かなあ。3月かなあ。

ゲデェ
おやすみ♡

あーやん(^^) 
 
目録はこちら


【コラム】連載『ぽれポレ旅行記』目録

こんにちは!あーやんです(^^♪

目録をつくってみました!♡

ご参考にしてくださいまし!♡

------------------------------------------------------------------------
『ぽれポレ旅行記』目録


【人物編】
2.早川千晶さんってだあれ
23.リリアン

【ぽれポレ商品編】
○キベラスラムの工房
21.パパ・ジョセフ〜マゴソの洋裁師さん〜
32.マフラー、ストール製品〜エリックさんの工房〜

○アマニ・ヤ・アフリカ(ティカの工房)
33.アマニ・ヤ・アフリカ〜ティカの洋裁学校〜
34.バナナ葉製品ものがたり〜商品のご紹介〜
35.バナナ葉製品ものがたり〜ケニアいちのバナナ葉職人マイナさん〜
36.バナナ葉製品ものがたり〜シマウマくんの作り方〜

【ケニアの基本情報編】
5.KCPE
6.ケニアの地理情報
7.両替のこと。通貨事情
9.もんろうトラベラーズチェックを語る
10.脅威の副作用メフロキン〜マラリアの予防薬〜
16.ケニア、飛行機で行くのなら。
24.情報収集の手段〜携帯電話を使うの巻〜
42.ケニアの植物図鑑
44.必須の予防接種10830円!

【キベラスラム(ナイロビ)編】
3.キベラスラム
4.マゴソスクール
20.paint it! project

【ジュンバ・ラ・ワトト(モンバサ)編】
8.あいのり学校
46.mombasa
48.Fort Juses Museum

【マサイマラ国立保護区編】
18.ホロホロチョウ
19.人骨ラバー。サファリの思い出を語る
25.トピNyamera
27.Peregrine falcon
28.Masai Mara National Reserve
29.カンムリヅル
30.向こうでは雨が降っている
37.ジャッカル
40.swiss couple〜masaimaraN.R.にて〜
45.ライオンの親子
47.サファリカーに乗って

【ナイバシャ湖編】
26.Lake Naivasha〜fisher mans camp〜
38.ボートサファリ〜naivasha〜

【ティカ編】
41.Blue Post Hotel〜thicaのホテル〜

【JACII(ナイロビのスワヒリ語学校)編】
13.今日はチビのはなし、ワン!
14.ケニアでスワヒリ語を勉強するなら

【この旅に欠かせなかった出会い編】
11.千晶さんともんろうの出会い
15.あーやん、いっちゃんと出会うの巻
31.青年海外協力隊〜素敵なご縁〜

【その他編】
1.物語のはじまり、はじまり。
12.千晶さんの講演活動とライブ
17.kemuriミーティング
22.アルバムつくりました。482枚
39.桜山TALBOT〜kenyaミーティングの巻〜
43.教育実習を終えて〜彼らへの贈り物〜

【番外編】
『「おじいさんと草原の小学校」を観たあーやん、さてどうする』
『5/17 祈りと風コンサート開催のお知らせ』
『5/17 祈りと風コンサート』報告
6/15 静岡県掛川市へテルさんに会いにゆく!


目録最終更新日 2013年11月7日
作成者     あーやん
------------------------------------------------------------------------
ちゃお〜:)♡
kenya

あーやん


【コラム】番外編 6/15 静岡県掛川市へテルさんに会いにゆく!

もんろうです。
あやみ先生(あーやん)のコラム番外編として、
ちょっとご紹介したい方と映画を。

本日、これ!(下記、写真右側のチラシ)へ行ってきました。
6/15 コラム

なぜ、名古屋から掛川へ行ったのか。
それは、私とあーやんが昨年11月にケニアへ訪れた際に出会ったお方へ会いに行ってきました。

ケニア旅の中でお邪魔させていただきました
モヨ・チルドレンセンター(リンクは支える会です。)の主催をされています
松下輝美さん(以下テルさん)!

このお方は、すんごいお方!!
テルさんに会いに、掛川へ行ってきました。
ちょこっと、テルさんのプロフィール。

*****
松下 輝美(まつした てるみ)さん
1945年生まれ、徳島県出身。
大学卒業後、パートナーと共に反核・平和活動に参加。
徳島県で陶芸に従事。
パートナーの急逝後1994年ウガンダへ。
そこで出会った元ストリートチルドレンとの出会いがきっかけとなり、1996年ケニアへ移住。
1999年モヨ・チルドレンセンターを設立し翌年からティカで支援活動を開始。
ブログ http://teru.moyo.jp
(上記写真チラシ裏より)
*****

と、数行で書かれていますがケニアでテルさんのお話を伺った時は、
すんごい人生を歩まれてきていたお話を涙ながらに語って頂きました。
そこから、あやみ先生も惚れてしまう程なお方です。

そんなテルさんが、モヨ職員のフランシスさんと共に日本へ来日講演されていて
ちょっと遠いけど静岡へ来られるなら行かなきゃ!ってことで行ってきました。
私の目的は、テルさんに会いにゆくでしたが、
今回の講演を教えてくれたエマちゃんは来月末からのケニア生活に向けてテルさんとのお話があり
一緒に行ってきました。

6/15 コラム

前置きが長くなりましたが、掛川は遠かった・・・!
2時間は、小旅行でした。
写真は、掛川城。
テルさんとの再会は、サガミにて。
オーラが、すんごかった!!!やっぱり素敵なお方でした!!!!!
フランシスさんは初来日なようで、見るものに興味をたくさん持たれている様子〜。

6/15 コラム
写真は、テルさんとフランシスさんが会場にて打ち合わせ中。
親子のような雰囲気を持ったお二人でしたよ。

今回の講演は、映画とテルさん&フランシスさんのお話という内容でした。
その映画は、『チョコラ』というケニア地方都市ティカのストリートチルドレンのノンフィクション映画。
ティカは、以前あやみ先生がコラムでも書いていたところですね。
(参考 【コラム】連載『ぽれポレ旅行記』「41.Blue Post Hotel〜thicaのホテル〜」

「チョコラ」予告
http://youtu.be/dq-66EYBm40
(youtubeより)


前々から見たいなーって思っていたら、今回初めて知ったけれども
テルさんも関わっておられていて驚いた!
モヨで実際に関わっている子どもたちが、主役となって出てきています。
なので、撮影当時(2006年)から今までの現状も上映後にお話ししてくださいました。

映画からの現状は、良くなっている子もいれば、別の道へ行ってしまっている子もいるようです。
また、映画の中でも出てきていますが、テルさん曰く一番の難問はシンナーだと仰っていました。
ストリートで暮らす子どもたちの約98%が、シンナーを吸っている現状。
以前のモヨへも、シンナーの売人がストリートの子どもたちへ販売目当てで来ることも。
肉弾戦などになりながらも、周りの協力があり、現在は落ち着いたそうです。
映画の中でも、テルさんは子どもたち1人1人へ寄り添い、
家出してきた子どもと田舎まで一緒にゆき、
家族と共にその子の将来へ向けた話をする姿。
よっぽどの覚悟などがない限り出来ない仕事だなーと、つくづく思わらされました。
やっぱりテルさん、すんごい!
そして、そこへボランティアとしてゆくエマちゃん!がんばーーー!!!


6/15 コラム
(左から、私・テルさん・エマちゃん・フランシスさん)

長くなりましたが、行ってよかった掛川。
テルさんとフランシスさんのすんばらしさを、再確認することができました!!!


テルさん、フランシスさん、エマちゃん、主催の方々、
本当に有り難うございました(^O^)/

【コラム】連載『ぽれポレ旅行記』「43.教育実習を終えて〜彼らへの贈り物〜」

こんにちは!あーやんです(^O^)

みなさん信じられますか?
このわたしが、某中学校にて教育実習中です。なう〜〜〜。

久しぶりのぽれポレコラムですね!

教育実習3週間のうち、2週目が終わりました。
研究授業も終わりました。

道徳と社会科の授業をやってきました・・・!
社会科は内容がわからなすぎて担当の先生にめちゃくちゃ迷惑をかけました。
「せんせい、農地改革と財閥解体わかりません」とか。

そして道徳はというと、
えっとねえっとね・・・
悩んだ挙句、
「AFRICA」のミュージックビデオを教材にすることにしたのです♡

わたしにしか出来ない道徳の授業をやりたかったから、
今回の道徳の授業が最初で最後かもしれないと思って、
だったら自分にしかできないやつでぶち込んでしまえと思って!

ケニアで撮ってきた動物の写真や、
スラムの写真を見せると、
生徒たちは「すげ〜〜〜〜〜〜〜」とか「うわ〜〜〜〜〜〜」とかpure♡な反応をしてくれました♡
「これ先生が撮ったの〜?まじすげー!!!」とか(^^)

睡眠時間2時間の日もあったし、
ふらふらで元気でないときもあったし、
おなかすいてるのに食欲なくて3日で体重1 kg減したりしました。
でも、それでも投げ出さないで頑張れたのは生徒たちと、それからわたしの担当になって指導してくれた先生お二人がいたからでした。

特に先生お二人には、めっちゃ恵まれたと思う!
すごい自由にやらせてくれたので、わたしすごくのびのびやれた!
教育実習、高校でやりたかったのに断られて中学校になったこと、
豊田市内にたくさんある中学校の中でこの学校に決まったこと、
社会科の先生がたくさんいるのにあの先生に指導してもらえたこと、
まじすげー!ってくらい今回わたし、人に恵まれました。
「人に恵まれた」なんて感じたの生まれて初めてです笑

さ、先生の話はおいといて・・・、

さて!わたしの成長を見守り続けてくれたクラスの生徒たちとももうすぐお別れです。
わたしのお別れ会までひらいてくれて・・・こんなことしてもらっていいのかな?と正直思ってます。
感動のお別れ会なんて開いてもらったことないし、
感動のお別れ会をやってもらって感動して号泣するタイプでもないし、ねえ?笑(まあでもすごい嬉しくて結局泣いちゃったんだけど※初体験!)

そんな生徒たちに、なーにを贈ったらいいかなーと思ってて。
30分くら悩んだ挙句(結構短い)、
アフリカで撮ってきた写真を生徒に合わせて1枚ずつ選んで、手紙を書いてわたす!!!!!!!!!!!!!!!!!!
に決めました♡(^^♪
これもまたわたしにしかできない、オリジナルのプレゼントで、いいかなと思って!!

ね!
手紙写真

そんなわけで、昨日さくっとプリントしてきたこいつらに、メッセージ添えて、彼らにプレゼントします♡

捨てられてもいいから、ちょびっとでも心のどこかにわたしがひっかかってくれると、いいなーと願いを込めて。

じゃ!
see you soon!!!!

あーやん〜♡

| 1/6PAGES | >>

profile

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

twitter

amazon

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 【コラム】ぽれポレ『「おじいさんと草原の小学校」を観たあーやん、さてどうする』
    ETCマンツーマン英会話 (08/05)
  • 日本語講師募集!
    樋口夏希 (01/26)
  • 【団体紹介】『Ruff』学生アゴラ2013
    あゆ (12/15)
  • 【コラム】ぽれポレ『「おじいさんと草原の小学校」を観たあーやん、さてどうする』
    あーやん (04/04)
  • 【コラム】ぽれポレ『「おじいさんと草原の小学校」を観たあーやん、さてどうする』
    あい (04/01)
  • 【コラム】ぽれポレ『「おじいさんと草原の小学校」を観たあーやん、さてどうする』
    ちほさん♪ (03/22)
  • 【コラム】ぽれポレ『「おじいさんと草原の小学校」を観たあーやん、さてどうする』
    chiho (03/21)
  • 【コラム】連載『ぽれポレ旅行記』「33.アマニ・ヤ・アフリカ〜ティカの洋裁学校〜」
    もんろう (02/15)
  • 【コラム】連載『ぽれポレ旅行記』「33.アマニ・ヤ・アフリカ〜ティカの洋裁学校〜」
    あーやん (02/15)
  • 【コラム】連載『ぽれポレ旅行記』「33.アマニ・ヤ・アフリカ〜ティカの洋裁学校〜」
    けんてぃー (02/15)

links

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM