【参加者募集!】6/27&7/2 わたしが選ぶ、わたしの未来〜選挙についてかんがえよう〜

ココアゴラのもんろうです。

「選挙」について考えよう!という企画を行います。

 

ちょっと遠いイメージの選挙。

でも、とっても身近なものなのです。

一緒に考えよう!ワークショップ編、

見て考えよう!映画編のW企画となります。

 

是非、ご参加ください(^O^)/

 

 

【転送歓迎!!

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

    わたしが選ぶ、わたしの未来

    〜選挙についてかんがえよう〜

 ワークショップ編 6/27()19:0021:30

 映画編 7/2() 

     13:0017:00 18:0021:30

 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

 

710日は3年に1度の参議院選挙の投票予定日です。

 

「私が投票しても何にも変わらないし」

「投票に行くのがめんどくさいなぁ」

「選挙って仕組みがよくわかんない・・・」

 

などの理由から、

最近では投票に行かない 有権者が50%に迫っています。

フェアトレード、国際協力や東日本大震災、熊本地震の支援活動など、

一見選挙とは関係なさそうですが、 実はちゃんとつながっています。

投票に行くことは、 それら社会の問題解決への一歩につながるはずです。

 

今回をキッカケに、選挙・政治についてもう一度考えてみませんか?

 

◆日時

・ワークショップ編:2016627日(月)19:0021:30

・映画編:201672日(土) 13:0017:00 18:0021:30

◆会場:本山シェアオフィス

名古屋市千種区猫洞通5212 ライフピア本山3

https://goo.gl/maps/if1XcwvK6bv

◆参加費:

・ワークショップ編:学生無料/一般500

・映画編:学生500円/一般1,000

◆対象:一から政治/選挙について学んでみたいあなた!

政治/選挙に関心を持っていて投票率アップのために

何かしたいと思っているアナタ!

◆定員:各回20名(先着順)

◆後援:名古屋NGOセンター

 

◆プログラム

・ワークショップ編:2016627日(月)19:0021:30

政治のことって何だか難しいですよね。

よくわからないし、あんまり良いイメージないし。

でも、一度知るとニュースもわかってくるし、

日本や世界のことも、もっと深く知ることができますよ。

ワークショップを通して楽しくみんなで

わいわい話しながら今の政治について共に考えましょう!

 

・映画編:201672日(土) 13001700 18002130

ドキュメンタリー映画『わたしの自由について〜SEALDs 2015〜』

http://www.about-my-liberty.com/

社会や政治のコトを自分たちの生活や未来の危機と感じて動き出した若者たち。

自分のことばで語り、動く彼らの活動の記録から、

「これからのわたし」を一緒に考えませんか。

上映後、感想をシェアしましょう。

 

◆お申し込み方法 次のURLよりお申込みください。

 http://goo.gl/forms/Z7m3YenLLsA1s5eg2

 

◆主催/申込み・問合せ先

 Cocoagora ココアゴラ

Emailcocoagora@gmail.com

HPhttp://www.cocoagora.com


【ゲストインタビュー】 名古屋NGOセンター 田口裕晃さん

【学生アゴラ2016 ゲストインタビュー】


ついに明日は学生アゴラですね!
みなさん一緒に学んで交流して楽しみましょう?? ?(? ?ω? ?)? ??

最後のインタビュー紹介になります、
名古屋NGOセンターの
田口裕晃さんです。

現在、田口さんは名古屋NGOセンターに勤務しており、NGOで活躍する人材を育成するためのイベント活動や広報を行ってみえます。


そんな田口さんにNGOで働こうと思ったきっかけについて伺ってみました!



きっかけは大学3年生の頃に行った就職活動。はじめはみんなが良いと思っているような給料のいい、大きな会社で就職しようと考えていました。

しかし、実際に話を聞いているうちに「自分は本当にここで働きたいのかな」という疑問が生じ、好きなことがやりたいと考えるようになったそうです。

そこで元々『THE BLUE HEARTS』の歌の影響で興味を持っていた環境問題の分野を考えるようになり、企業を探すうちにNPO、NGOという存在に出会いました。

その後たまたま聞いた講演会がきっかけで一ヶ月間カンボジアへ。
帰国後、名古屋NGOセンターが主催する「次世代のNGOを育てるコミュニティ・カレッジ」(通称:Nたま)に参加され、
NGOセンターでインターンをされていたそうです。

その後、NGOの方から求人してもらえたそうですが、
「一度一般企業に入ってからNPO、NGOのに入った方が今後自分のする活動がより有意義になるのではないか」
と周りからの助言から考えるようになり、「世間一般の常識や社会経験を積む」という目的で2年間、一般企業への就職をされたそうです!

『修行』という考えで一般就職をした田口さんは企業を選ぶ条件として、「とにかく忙しい、休日がない、朝から晩まで働ける厳しい企業」を考えていたそうです!
とってもストイックですね!

その後に名古屋NGOセンターへ入られた田口さん。
NGOセンターでは貧困や環境問題に関して直接的に解決していないけれど自分のやっていることは必ずその構造や仕組みに繋がっていていると仰っていました。
「自分が環境問題、社会問題に取り組むよりもその支援をする人を増やしていったほうが実は早いのではないかと思って今の活動に取り組んでいます。
元々NGOやボランティアに関して興味のなかった人や活動したくても一歩踏み出せなかった人が行動に移してくれること、そんな仲間が増えていくことが何よりも仕事のやりがいであり、嬉しいことですね。」
と語ってくださいました!

その他にも『若い人たちにも社会の問題と向き合ってもらいたい』という気持ちから18歳選挙権についてもお話してくださり、私自身、とても勉強になりました!!

明日のゲストトークで是非、田口裕晃さんとお話してみてください^ ^




インタビュアー
愛知淑徳大学 くりこ

【学生アゴラ2016団体紹介】アイセック南山大学委員会

【学生アゴラ2016団体紹介】アイセック南山大学委員会


AIESEC(アイセック)は、世界126の国と地域に支部を持つ世界最大の学生団体です。 複雑で解決困難な社会課題に立ち向かい解決していく人材を輩出するため、グローバルなネットワークを活用し海外インターンシップの運営を行っています。

日本にもアイセックの支部があり、南山大学委員会は日本支部25大学のうちの1つです。

https://www.youtube.com/watch?v=D7HxPXBtJdo

活動は毎週水曜日15時から定例ミーティングを南山大学にて行っています。他にも休みの時には合宿などを行っています。

アイセックの事業内容は「インターン生送り出し事業」「インターン生受け入れ事業」の2つに大きく分けられます。

送り出し事業では、日本の学生を海外の企業やNGOなどでのインターンシップに送り出しています。送り出し事業担当者は、商品開発、プロモーション、インターン生のサポートなどを行います。

受け入れ事業では、海外の学生を日本の企業や様々な団体でのインターンシップに受け入れています。受け入れ事業担当者は商品開発や、日本企業への営業活動、インターン生のサポートを行います。

【学生アゴラ2016団体紹介】愛知県立大学国際ボランティアサークルRuff

【学生アゴラ2016団体紹介】愛知県立大学国際ボランティアサークルRuff

愛知県立大学国際ボランティアサークルRuff

こんにちは!愛知県立大学国際ボランティアサークルRuffです!

Ruffは、春夏2回のグループワークキャンプ、長野県での果樹園ボランティア、東北ボランティア、名古屋の納屋橋で毎月開催されるナイトマーケットのお手伝いなどを中心に、様々な分野のボランティア活動を行っています!メンバーそれぞれが自分の興味のままに多様なジャンルのボランティアに参加し、活動の幅を広げています!



私たちにとってのボランティアとは、ただの慈善活動ではありません。その活動を通して得られる感情や、たくさんの出会いを自分の財産にすることを大切にしています^_^いつだってRuffの語源であるLove&Freeをモットーにして、rough(気楽)にlaugh(笑顔)に、大切な仲間達と楽しく活動しています!



Twitter、Facebookで随時活動内容を更新しているので、ぜひチェックしてみてください!

Facebook : Ruff:International Volunteering Circle
https://www.facebook.com/Ruff-International-Volunteering-Circle-298194770192349/

Twitter : @RuffApu
https://mobile.twitter.com/account



【ゲストインタビュー】 愛知県国際交流協会 鉃井宣人さん

【ゲストインタビュー】 鉃井宣人さん(愛知県国際交流協会)学生アゴラ2016


今回のインタビューは愛知県国際交流協会の鉃井宣人さんです(^∇^)
鉃井さんには2014年以来、3年連続で学生アゴラに参加していただいています。
(2014年のインタビュー記事はこちら http://blog.cocoagora.com/?eid=367)
【ゲストインタビュー】 鉃井宣人さん(愛知県国際交流協会)学生アゴラ2016


今回のインタビューは愛知県国際交流協会の鉃井宣人さんです(^∇^)
鉃井さんには2014年以来、3年連続で学生アゴラに参加していただいています。
(2014年のインタビュー記事はこちら http://blog.cocoagora.com/?eid=367)

このインタビューでは、人との繋がりや、やりたいことに挑戦することの大切さを再確認させられました。
そんな刺激的なインタビューをどうぞ!!


*現在のお仕事について

鉃井さんは現在、愛知県国際交流協会(以下、AIA)にて、「多文化共生」「国際理解教育」「フェアトレード」に関する事業を担当しています。
なかでも刈谷市にある、多文化共生のための「ワールド・スマイル・ガーデン」には開始当初から携わっています。
そのほか、「未来を築くユース会議」や、フェアトレードに関するワークショップなど魅力的なイベントに携わっています!


*学生時代

2014年の記事に出てきているタイ留学のほか、鉃井さんは学生時代にいろいろなことに挑戦していました。

・AIAの「フレンドシップ教材」タイ編の作成
・Nたま研修
・国際理解教育のワークショップに参加
・「トルシーダ」というNPOでの外国人児童への日本語ボランティア

などなど、早い段階で様々なことに挑戦し、視野を広げていたようです。そこで得た数々の繋がりが今の生活にもいきているのではないでしょうか。


*学生のうちにやるべきこと

学生時代から積極的に行動していた鉃井さんにズバリ聞いてみました!

「学生時代にこれをやっておくべきだ!というようなことはなんですか?」

⇒学ぶ。

一言目に、力強くこの言葉をおっしゃいました。この言葉に込められた思いはとっても深いものでした。みなさん気になりますよね…?

学生アゴラ当日には、鉃井さん的「学生時代にやるべきこと」のほか、鉃井さんの新たな挑戦や、私たちもまだ聞いていないような面白い話があること間違いなしです!!
貴重な交流の機会、ぜひいろんなことを聞いてみてくださいね♪

インタビュアー:あゆみ、ほのか、さくら



【学生アゴラ2016団体紹介】学生国際協力団体 SIVIO

【学生アゴラ2016団体紹介】学生国際協力団体 SIVIO

こんにちは!私たちは学生国際協力団体SIVIOです!
そして、SIVIOは関西・関東・東海の三支部に分かれており、私たち東海SIVIOは名古屋の学生で構成された団体です!

SIVIOは東南アジアにある世界最貧国の1つであるラオスの教育支援を行っています。
これまでに小学校を4校の建設と幼稚園一校の建設のお手伝いをしています!
またSIVIOは継続的な支援を行っているため校舎だけではなく教室や机・いすの支援も行っています!



主な活動は3つです!
1つ目は週に一回行うミーティングです!
このミーティングは主に中京大学で行われており
ラオスについての勉強、支援内容の話し合い、イベントの企画などを行っています。

2つ目は土日に行う募金活動です!
主に栄で行っています!
私たちSIVIOは学生だけの団体であるためにできることが限られてるので街頭募金を行うことによって
多くの人の力を借りることができます!募金活動ではメンバーがラオスについて多くの人に知ってもらうために想いを伝えています。

3つ目は春夏のスタディツアーです!
私たちSIVIOは春と夏の年2回、実際にラオスを訪れ現地調査やプロジェクトを行い、子供達と実際に触れ合います。
現地調査の結果を基にして支援内容を決めています!
スタディツアーでは多くのことを感じ学ぶことができるとても素敵な機会です。

この他にも三支部で行う合宿など全国のメンバーと交流する機会もたくさんあります!


【学生アゴラ2016団体紹介】愛知大学SEED

【学生アゴラ2016団体紹介】愛知大学SEED

みなさん、こんにちは。

愛知大学SEEDです。SEEDは愛知大学名古屋校舎に所属する総勢100人を超える大学内最大級の団体です。

SEEDは、NPO法人のわっぱんと協力し、フェアトレードの材料を使用したパンやマフィンを各イベントや学内で販売しています。



パンは学生自らがデザインし、さまざまな種類があります。

5月に行われるフェアトレードデーは毎年出店していますので、ぜひ一度イベントで見かけた際は食べてみてください。



【ゲストインタビュー】アフリカ工房 前田大蔵さん

【学生アゴラ2016 ゲスト紹介】

みなさんこんにちは!学生アゴラスタッフの倉野愛弓です^ ^
学生アゴラまでもう少しですね〜!

今回のインタビューは、アフリカ工房の前田大蔵さんです!


前田さんは、青年海外協力隊でアフリカのガーナへ派遣されていた経験があり、
そのご縁で知り合った村からシアバターをフェアトレードとして輸入し、
日本のアフリカ工房で化粧品として製造・販売をされています。

そこで、青年海外協力隊に参加された経緯についてお聞きしました!


大学に入学した頃から途上国に強い関心や興味があったわけではなく、
理学部で物理学を専攻していました。

しかし、大学の生協で「長倉洋海」さんの写真集に写っていた子ども達の豊かな表情や笑顔を見て
途上国のイメージが変わったことがきっかけとなり興味を持つようになったそうです。


そして、その頃に大学のサークルで出会った
ベトナムでストリートチルドレンの子どもを支援する先生とのご縁により、
スタディツアーの引率でベトナムへ行きました。

その後、もっと途上国に長く住んでその国について知りたいと思い立ち、
青年海外協力隊へ参加したそうです。


大学卒業後、青年海外協力隊として
アフリカのガーナへ行った前田さん。

本当は学生時代に行ったことのあるベトナムへ行きたかったそうですが、
ガーナへ行くことになりました。

協力隊では、バスケットボールのコーチとして派遣されました。
現地では州代表のコーチとして高校や大学にて巡回指導を行ったり、
学校の体育の授業で指導したり、
自分で大会を企画するなどして活躍されました。

実際に行ってみて、ガーナに対するイメージがガラリと変わったそうです!

派遣中の2年間は色んなことがありすぎて語りきれないけれど、
現地で出会った方との素敵な出会いや
互いに信頼関係を築けたことが何よりも行ってよかったと思えた理由だと仰っていました。


帰国後は協力隊を通じて知り合った今の奥さんと再会されました。

そして、奥さんのガーナのズオ村のことが忘れられないという思いがきっかけで
アフリカ工房を立ち上げたそうです。

前田さんは、学生時代や協力隊として活動されていた時期に、
本当に様々な経験をされていて
インタビューを通して私自身とてもいい刺激になりました!

是非、学生アゴラでは前田大蔵さんから今までの体験談や
アフリカ工房への熱い思いなどを聞いてみてください!
前田さんありがとうございましたー!



インタビュアー
愛知淑徳大学 倉野愛弓

【学生アゴラ2016団体紹介】学生ボランティア団体CHILE

【学生アゴラ2016団体紹介】学生ボランティア団体CHILE


私たち学生ボランティア団体CHILEは、
愛知県内の大学生約30名でバングラデシュという国に教育支援を行っています。




バングラデシュは世界有数の貧困国であり、教育環境が整備されていないため、
学校に通うことができない子供が、まだまだたくさんいます。

学校に通うことができなかったら…
私たちは完璧な字の読み書きや、ちょっとした計算はできたでしょうか?
友達と出会っていたでしょうか?
日本で暮らす私たちは考えもしないと思います。

さらにインフラ・医療衛生面の不整備、
向上しない識字率、広がる貧富の差など
他にも様々な問題を抱えています。
そんな国の発展の力になりたいという思いから、
メンバーの一人一人が成長しながら頑張っています。




今までは小学校そのものが足りないという現地のニーズに合わせ、
小学校建設を教育支援として行ってきました。
その結果、5校の小学校をバングラデシュに贈っています。



しかし、現在学校を運営するためのお金が不足していることから、廃校となってしまう小学校が存在するというのが現状です。

そのことを踏まえ現在CHILEは、学校の運営費や現地の先生方への給与にあたるお金を募り、
それを教育支援とさせていただいています。



今大学生の私たちにできることはわずかなことかもしれませんが、
長い時間かけて大きなものになり、
バングラデシュの発展という形に繋がると私たちは信じて、活動を続けています。



以上真面目な話でしたが、CHILEも楽しむ時は思いっきり楽しみます!真剣な時は真剣に、楽しむ時は楽しむ、そんなメリハリのある学生ボランティア団体です。
この大学生という今だから、思い切りできる海外ボランティアを私たちCHILEと一緒にやってみませんか?
どんなことでもいいので興味をお持ちになった方迷わずご連絡ください。


【ゲストインタビュー】グローカル 二角智美さん

【学生アゴラ2016 ゲスト紹介】


こんにちは!
学生アゴラスタッフのリサです!
段々と学生アゴラ本番が近付いてきて、なんだかどきどきします。
去年もこんなこと言ってた気がしますね!笑

さてさて本日は、名駅にあるココアゴラ代表がオーナーの「グローカル」で働いている
二角 智美(ふたかど ともみ)さんのインタビューです。
今年初出演のゲストです!


-----------------------------------------------------

-----------石川県出身とお聞きしたのですが、何がキッカケで名古屋に来たんですか?

大学がこっちだったんです!名古屋学院大学の、今はもう無くなっちゃったんですけど、国際文化協力学科に通ってました。

-----------そうだったんですね!国際協力に興味を持ったのはいつくらいですか?

最初は高校のときだったと思います。高校2年生の時に、知人に紹介してもらってスタディツアーでタイとラオスに行ってそこから興味を持ちました。

-----------初っ端からスタツアとは、素敵な体験ですね!!二角さんのことを知ってる人に聞くと必ず「フィリピン」と、「Nたま」いうワードが出てくるのですが、まず、フィリピンとはどんな関係があるのですか?

大学2年生のときにフィリピンに留学してました。そして、大学卒業してすぐ、フィリピンで植樹活動を行っている(特活)イカオ・アコでインターンをして、インターンを終えた後は、フィリピンに支社がある一般企業で3年間働いて現地に住んでいました!

-----------おー!!!二角さんはフィリピンというワードが無いと語れないですね!!笑

そうですね。でも全部自らフィリピンを選んだ訳では無くて。笑

-----------えーー!それ逆にすごく無いですか?笑 もう、運命ですね!


そうですね!名学に在学していた時に、恩師と親友に出会って。恩師もフィリピンに色々と関係してて。笑 親友との出会いはNたまに繋がります!


---------------------------------

この続きは当日会場で聞いてみてください♪

"ともちゃん"の愛称で知られる二角さん。
私自身面識はあったものの、このインタビューで初めてプライベートの話やいろんな話をしました。本当に本当にステキな二角さん!
私の憧れの女性になりました (*˘?˘*).。.:*?


| 1/45PAGES | >>

profile

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< October 2016 >>

twitter

amazon

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 【コラム】ぽれポレ『「おじいさんと草原の小学校」を観たあーやん、さてどうする』
    ETCマンツーマン英会話 (08/05)
  • 日本語講師募集!
    樋口夏希 (01/26)
  • 【団体紹介】『Ruff』学生アゴラ2013
    あゆ (12/15)
  • 【コラム】ぽれポレ『「おじいさんと草原の小学校」を観たあーやん、さてどうする』
    あーやん (04/04)
  • 【コラム】ぽれポレ『「おじいさんと草原の小学校」を観たあーやん、さてどうする』
    あい (04/01)
  • 【コラム】ぽれポレ『「おじいさんと草原の小学校」を観たあーやん、さてどうする』
    ちほさん♪ (03/22)
  • 【コラム】ぽれポレ『「おじいさんと草原の小学校」を観たあーやん、さてどうする』
    chiho (03/21)
  • 【コラム】連載『ぽれポレ旅行記』「33.アマニ・ヤ・アフリカ〜ティカの洋裁学校〜」
    もんろう (02/15)
  • 【コラム】連載『ぽれポレ旅行記』「33.アマニ・ヤ・アフリカ〜ティカの洋裁学校〜」
    あーやん (02/15)
  • 【コラム】連載『ぽれポレ旅行記』「33.アマニ・ヤ・アフリカ〜ティカの洋裁学校〜」
    けんてぃー (02/15)

links

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM